FC2ブログ

OUT~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

東京郊外の弁当工場にて、深夜パートの仕事をしている下記の4名の女性。

香取雅子42歳~リストラで無職の亭主と閉じこもりの息子。

吾妻ヨシエ51歳~認知症の姑介護をする。夫も子供もいない。

城之内邦子40歳~カードローンや街金の多重債務者で独身。

山本弥生30歳~ギャンブル狂の亭主がいて日常DVを受けている。妊娠中。



弥生は夫がマイホームの頭金にしていた貯金をバカラで使い果たしたことに激高し殺害してしまう。

雅子は弥生の窮地を救うためにヨシエと邦子を引き込み死体をバラバラにしたうえで

ゴミ集積場に分散投棄し証拠隠滅を図る。

死体処分を手伝う理由

雅子は弥生が逮捕されると貸したお金が返ってこないから。

弥生の夫は流行りの蒸発したことにすれば良い。

雅子はヨシエに借金のかたに手伝わせる。

邦子が雅子に借金を頼みに来て、死体処分が発覚しそうになり、邦子も巻き込むことにした。

そしてもうみんな共犯者だからが合言葉に。

(なぜ死体処分を手伝うのか理解しかねます)



バラバラ死体の一部を邦子が公園に捨てたことで露見する。

警察は有力容疑者として地下カジノのオーナー佐竹を逮捕。

しかし証拠不十分で釈放され捜査が行き詰まる。

地下カジノのオーナー佐竹は興信所を使い弥生の周辺を探り始める。

借金の棒引きと引き換えに、

邦子から事件の全貌を聞き出した街金・香川照之は死体隠滅の仕事を雅子に持ちかける。

500万で引き受ける雅子。

雅子はヨシエに協力してもらうと、嗅ぎ付けた邦子も手伝う。

香川照之は死体を持ってくる。

稼いだ金でオーロラを見に行くことが夢だとヨシエは言う。



佐竹はヨシエ宅を襲い、認知症の姑を殺す。

(なぜ殺すか理解不能で、佐竹はヨシエに姑の死体処理もすればいいと言う)

ヨシエが帰宅して金を渡して気を緩めたスキに、ヨシエは佐竹を殺してしまう。

ヨシエは逃亡する。

逃亡する直前、雅子とヨシエは最後の別れをする。

「オーロラが見たい」とずっと思っていたヨシエの代わりに、

知床へオーロラを見に行こうとする雅子。

すると勝手に邦子、弥生がついてくる。

警察から追われていると感じたのだ。

旅の途中で破水する弥生。

雅子は弥生を病院の玄関まで届けて、雅子と邦子は逃亡。

ヒッチハイク。

運転手「どこへ」

2人「知床(ウトロ)へ」

「ウトロからどこへ?」

「知床からアラスカに行く。オーロラをみにゆきます」

「でっかい夢だな」



映画と原作のラストは違う。

原作

邦子は死ぬ。

廃工場で雅子と佐竹が争い、佐竹を殺す。

数年後、雅子はブラジルで暮らしている。

そこへ死んだはずの佐竹が現れる。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line