fc2ブログ

王妃の館~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

田中麗奈が経営する旅行会社は倒産を掛けて、抱き合わせフランスパリツアーを企画。

つまり一部屋を二組に宿泊させる。

驚くべきはホテル側が協力してくれたことだ。

夜は寝ないで観光して昼間に泊まる低価格コース(10日間29万8千円)と

その逆の時間配分の高級コース(10日間、150万)。



宿泊先は「王妃の館」(架空)という超有名人が泊まったホテル。


高級コースに参加した作家・水谷豊、実業家カップル、吹石一恵らは部屋に入り荷物を置いて、

パリ観光へ出かけた。

一行がホテルを出ると、ホテルの従業員総出で各部屋の荷物を一掃し、

もう一つの低価格ツアーの客を迎えた。

この低価格ツアーは夜中、パリを周り、昼は部屋で休むというツアー。

参加者は水谷豊を探す出版関係者、警察官・近藤、ゲイのクレヨン、初老の石橋蓮司。



トラブル発生!

旅行会社の戸川は、夜のツアーの店で酔っ払って寝てしまう。

戸川が起こされるとツアー客は既に王妃の館に戻っていた。

田中麗奈は戸川に連絡がつかない事から察して自分のツアー客を朝食クルーズに連れ出していて、

バッティングは回避。



スランプの水谷豊はパリ観光で、インスピレーションを受け、執筆は快調。

水谷豊はOLの吹石一恵と雑談すると、

婚約破談金をパッと使うためにこのツアーに参加したと吹石一恵は打ち明けた。



トラブル発生!

低価格ツアーの面々は自分の部屋に他の客のものがあり、不審がる。

夜のツアーをキャンセルして部屋にいると言い出した。

戸川は何とか外に連れだそうと、

王妃の館は重要文化財だから、フランス革命時の幽霊が出るからと理由をつけて、

夜は客室で眠る事はできずその代わり屋根裏に眠る事ができるとツアー客を言いくるめた。



トラブル発生!

旅行会社の戸川は緊張させるツアーで胃腸を痛めて中座することが多くなり、

低価格ツアー客は自由行動を始め、高級ツアー客とすれ違う。

二つのツアーの一部が知り合い親しくなってしまう。

石橋蓮司は昔パリ在住で、高級ツアーの実業家カップルをパリの下町に案内して、

楽しませる。

お礼に実業家カップルは宿泊ホテルに石橋蓮司を招いてしまい、

二つのツアー客のダブルブッキングが発覚。

そして水谷豊と同じ部屋を使っている出版社の二人は、偶然にゴミ箱から水谷豊の原稿を発見する。

他の二つのツアー客もホテルで鉢合わせし、田中麗奈と戸川に問いただす事態に。

怒りだす客の中でひとり冷静な水谷豊は、

泣き出してパニックになった田中麗奈の気を静める。

すると最後のインスピレーションがやってくる水谷豊。

急いで書き上げる。

田中麗奈と戸川は客に丁寧に謝罪する。

この二つのツアーでカップルになった三組は幸福そうなシーン。

恋人にプロポーズしようと悩んでいた実業家は、水谷豊が思いついた文を

音声記録をしていたが、それを聞いて、プロポーズの意思を固めたのだ。

水谷豊は書き上げて安堵するところで映画は終わる。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line