FC2ブログ

アルバート氏の人生~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

19世紀、アイルランドのダブリン。

アルバート・ノッブスは、ホテルのレストランで住み込みのウェイター。

アルバートは若くして両親を亡くし、一人で生きていかねばならなかった。

14歳の時に集団レイプされてから男に変装する。

女性であることを隠して、アルバートは他の人との関わりを極力持たないようにして長年過ごしていた。

そんなある日、泊まり込みで仕事に来たペンキ職人ペイジと知り合う。

すぐに解雇する女性主人の命令でアルバートの部屋に泊まることを命じられる。

仕方なくベッドを共にするが、ペイジがノミを持ち込んだ。

こっそりアルバートは裸になりノミ退治をするが、ペイジに見られてしまい、女性であることがわかってしまう。

しかしペイジも女だと告白する。

ペイジは女性と「結婚」し、夫婦として暮らしていることを知ったアルバートは、

かねてより開業を計画していたタバコ屋を、

同僚のメイドであるヘレンと結婚して2人で営むことを夢見るようになる。

ダブリンの他のホテルを解雇されたポーターのジョーは、

ボイラー職人として、アルバートの働くホテルの女主人ベイカー夫人に雇われる。

ジョーはしばらくすると、ヘレンと恋仲になってしまう。

しかも、アルバートがヘレンに交際を申し込んでいることを知ったジョーは、

アルバートから金を巻き上げてアメリカに行こうとヘレンをそそのかす。

アルバートはヘレンがジョーと交際していることを知った上で、デートに誘う。

(なぜアルバートはヘレンを好きになったのだろう?) 

ヘレンはジョーの言う通りにアルバートにたかっていたが、次第に罪悪感を抱くようになる。

ヘレンはジョーの子を妊娠し、ジョーは困惑する。

そんな折、ダブリンをチフスの大流行が襲い、アルバートが働くホテルも病死者が出て、しばらく閉鎖される。

アルバートも病に倒れるが、何とか仕事に復帰する。

多くの人が亡くなったことを知ったアルバートがペイジの家を訪ねると、ペイジの妻は亡くなっていた。

孤独を避けるためにペイジに一緒に暮らそうと提案したアルバートに、

ペイジは「妻は自分の全てだった」と告げ、妻が手作りした女性の服を着て、2人で海辺にやって来る。

(ペイジはアルバートと暮らせない理由があったのですね)

久しぶりに女性の姿となったアルバートは、本当の自分を満喫する。

子供のことでもめているヘレンとジョーの仲裁に入って、「子供のめんどうもみる」と言うアルバート。

しかしジョーに突き飛ばされて頭を強く打ってしまう。

意識が朦朧としながらもアルバートは何とか部屋に辿り着き、ベッドに横たわる。

同僚らの説得にもかかわらず暴れ続けるジョーに対し、ヘレンは遂に別れを告げる。

翌朝、仕事に出て来ないアルバートを心配したヘレンがアルバートの部屋にやって来ると、

アルバートは既に亡くなっていた。

アルバートを診た医師は、はじめてアルバートが女性だったことに気付く。

女性だったと言う事実は、新聞に載るほどの騒ぎとなる。

アルバートが密かに貯めていた大金をこっそり盗み出したベイカー夫人はホテルの大改装を始め、

ペイジを呼び出して塗装を頼む。

ペイジはベイカー夫人との会話から、夫人がアルバートの金をかすめ取ったことに気付く。

アルバートの部屋に泊まることになったペイジは、そこでアルバートが大事にしていた実母の写真を見つける。

一方、ヘレンはジョーの子を産んだものの、ジョーはヘレンと子供を捨てて、アメリカに行ってしまい、

ヘレンはただ働きの条件でベイカー夫人に雇われていた。

他に行き場のないヘレンに、ペイジは共に暮らすことをそれとなく提案する。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line