あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

メンマは可憐な女の子だが、友達がいなかった。

そんなメンマを遠足の班分けで仲間に入れたのがジンタンだった。

ジンタンをリーダーに、しっかり者のアナル、負けず嫌いのゆきあつ、

もの静かで冷静なツルコ、チビでお調子者のぽっぽと「超平和バスターズ」を結成。

6人は裏山の秘密基地で毎日仲良く遊んでいた。

ところがある日、メンマは誤って谷川に落ちて死んでしまう。

その後、5人の心はバラバラに離れて行った。



5年後、高校受験に失敗して

ひきこもりの日々を送っていたジンタンの前に成長したメンマの幽霊が現れる。

メンマは「みんなとお願いを叶えてほしい」と頼む。

でも、どんなお願いなのかはメンマ自身も憶えていないと言う。

ジンタンは昔の仲間たちに会いに行くが、

ジンタンにしか見えないメンマをぽっぽ以外は信じようとしない。

アナルは生真面目で、子供の時からずっとジンタンが好きでした。

5年前のあの日、秘密基地で「ジンタンってメンマのこと好きなんでしょ?」とアナルが聞くと、

照れてあせったジンタンは「誰がこんなブス!」と言ってしまった。

無理に微笑むメンマを見たジンタンは飛び出し、

メンマはその後を追いかけて足を滑らせ死んでしまったのだ。

アナルは自分のせいでメンマが死んだとずっと自分を責めていた。

ゆきあつは5年前から好きだったメンマへの想いを今でも引きずっていて、

「メンマの幽霊が現れるなら恨んでいる自分の前に現れるはずだ」と言った。

あの日、自分が直前にメンマに告白したから、メンマが動揺して死んだのだと涙する。



幽霊なのにメンマは字を書けて、みんなと文通ができる。

それで、みんなはメンマの幽霊を信じるようになって行く。


ゆきあつへの想いを諦めていたツルコも、自分の気持ちに向き合うようになる。

ジンタンはメンマの日記からお願いとはロケット花火を上げることだと考え、5人で花火作りを始める。

打ち上げの前日、秘密基地に集まった5人とメンマは「あの日」を再現し、

ジンタンはメンマに好きだと言う。

ジンタンはこのまま一緒に居たいと言いますが、

メンマは「生まれ変わってまたみんなに会いたい」と成仏することを選んだ。


翌日花火が打ち上げられたが、メンマは成仏せずに消えなかった。

5人は、なぜ成仏しないのか反省討論会を開く。

ツルコはゆきあつが好きで ゆきあつはメンマが好きで、ツルコはメンマに嫉妬していた。

みんな自分勝手にメンマの成仏を願っていた。

メンマのお願いは病気で死んだジンタンの母の願いだったと思い出すメンマ。

「ジンタンにはもっと笑ったり、泣いたりしてほしいの」

お願いは、もう叶っていたのだった。

メンマの体は徐々に消えかけていた。

5人は集まり長年抱え込んでいた気持ちをぶつけ合う。

ずっとメンマに会いたくて、謝りたくて、大好きだった、心は同じだった。

メンマにお願いの事を聞いたジンタンは弱っているメンマを背負い秘密基地へ走るが、

着いた時にはジンタンにもメンマが見えなくなっていた。

「かくれんぼだよ」メンマはつぶやく。

5人はメンマを捜し裏山を駆け回り、

メンマがそれぞれに宛てた手紙を見つける。

ジンタンは「もういいかい!」と叫んだ。

「もういいよ」声がして、

メンマの姿が全員に見えるようになった。

願えかなえてくれて ありがとう 好きだよ

「生まれ変わって、またみんなと一緒だよ だから お別れだよ」と言うメンマを、5人は声を合わせて送る。

メンマは朝日の中に消えていった。

1年後、5人はそれぞれの想いを胸に秘密基地に集まった。

「超平和バスターズはずっとなかよし」

基地に残された言葉を見て、

メンマ自身のお願いだとジンタンは思った。

THE END

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line