FC2ブログ

任侠野郎~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

かつて関東一の勢力を誇っていた小里組の若頭だった蛭子能収は、

小里の組長が殺された敵討ちで正岡組の親分を殺害し、長らく服役していた。

小里組はこれを機に解散。

蛭子能収は出所後、子供が喜ぶ顔が見たいとクレープ屋を営んでいた。

小里組の姉御の葬儀に参列した蛭子能収は、元組員の三鷹と再会し、

組長を殺したのは正岡ではなく、

小里組傘下だった榊組の組長だった事実を聞かされる。

榊が小里組と正岡組の両方を潰そうと計画したのだ。

蛭子能収は正岡の墓参りに出向くと、正岡の娘で現組長の時子と婚約者の三田村と会う。

正岡の殺害を目撃した時の幼い時子の泣き顔が忘れられない蛭子能収だった。

時子は三田村や若頭・武藤の力を借りながら、倒れかけている組の存続に必死で、

スーパー銭湯を開業する計画を進めていた。

しかし榊組が開業を妨害する。

時子と婚約者・三田村は榊のスパイだった。


小里組武藤が一人で榊組に乗込み傷だらけで戻ってきた。

事業を続けてほしいと言い残し命尽きる。

時子はスーパー銭湯事業を諦めようとする。

肩を落とす時子を見た蛭子能収は、正岡の殺害を自白。

すると、時子はずっと気付いていたが、恨んでいないと言って、

組を潰したら自分が父を殺すことになるとの時子の言葉に、蛭子能収は覚悟を決めた。

蛭子能収は日本刀を片手に一人榊組へ向かう。

それを知った蛭子能収の昔の兄妹分は、

命はとっくに捨てたと言って蛭子能収と共に闘う決意をする。

2人は若いころと同じように、榊の組員を次々と倒していく。

三鷹も助太刀にやって来る。

銃口を向けられた蛭子能収をかばって、三鷹は死ぬ。

兄妹分も切られて命を落とす。

残された蛭子能収は一人で敵を倒していき、榊の部屋まで辿り着く。

自分の背後で銃を構えていた三田村に気付いた蛭子能収は、彼も切りつける。

命乞いしおののく榊を蛭子能収はためらわず切り、返り血を浴びる。


THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line