fc2ブログ

キングスマン~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ロンドンにある「キングスマン」は表向きは高級テーラーだが、

実は、どこの国にも所属せずに、

難事件・テロリズムを解決するスパイ組織「キングスマン」の拠点。



キングスマンのエース・コリン・ファースは同僚の犠牲で命を助けらたことを忘れない。

その同僚の息子エグジーをキングスマンのスパイにさせるためにテストを行う。

過酷なテストをエグジーら9名が受ける。

最終テストに残ったのはエグジーと女性・ロキシー。

これまで子犬を選んで、その犬を特訓してきたが、

その自分の犬を殺すのが最終テストだった。

殺せなかったエグジーは不合格になり、犬を殺したロキシーは犬を射殺して合格となった。

コリン・ファースに呼び付けられたエグジーは、テストはすべてダミーだったと知らされる。

これまでテストで死んだ者は死んでいなかったことや、

最終試験の「犬を殺す」も本当は空砲だったと聞かされる。



本作での敵はヴァレンタインという大富豪。

無料のSIMカードを配布して、自社のネットワークを無料で提供。

SIMカードの入っているスマホから神経信号が発信され、攻撃中枢を刺激して、

スマホの周囲にいる人物は凶暴化させて各地で殺し合いをさせることだった。

また耳の後ろにマイクロチップを埋め込み、人間誘導も行っていた。

ヴァレンタインはキングスマンの上層部もマイクロチップで操っていることに気づいたコリン・ファース。

ロキシーとエグジー、マーリン教官の4名でヴァレンタインを抹殺することにした。

ヴァレンタインは各地でSIMカード経由で人々を凶暴化させて殺し合いをさせ始めた。

ロキシーは、大気圏にあるヴァレンタインの人工衛星を破壊。

エグジーは、ヴァレンタインの本拠地に忍びこみ、内部から破壊。

このSIMシステムを解除するにはヴァレンタインの生体認証(掌紋)が必要不可欠とわかる。

エグジーは、多数の敵を前に、マーリン教官に「首のチップを起動できないか」と提案。

インプラント・チップのハッキングに成功して、ヴァレンタインの手下は一斉に自爆。

なんとかヴァレンタインを殺害して彼の手でSIMシステムを解除させる。

THE END
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line