くちびるに歌を~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

学園ドラマ

親友の松山ハルコが産休を取り、東京から新垣結衣が、

長崎県五島列島の中五島中学へ音楽臨時教師として赴任。

有名ピアニストの新垣結衣の登場です。

新垣結衣も島の出身だった。

松山ハルコが担当していた合唱部の顧問をしぶしぶ引き受ける。

「ハルコ! 聞いていないよ」

「しばらくだから、めんどうみて」

「適当にやるわ」

女子生徒ばかりの合唱部が新入部員勧誘のため、中庭で合唱パフォーマンスを行う。

結果、新垣結衣目当てで男子生徒が入部。

女子生徒ばかりの部に男子6人が入り、合唱部は混乱する。

部長のナズナは具体的な指導をしない新垣結衣にいらだつ。

中五島中学合唱部が、全国コンクールへ混成で出場することに。

課題曲は『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』という曲。

新垣結衣は部員たちに歌詞を理解するため、

15年後の自分に宛てて手紙を書くように指示。

いろんな問題をかかえている。

ナズナは母が他界して、父は行方知らずで祖母との生活。

部員で歌唱力のあるサトルは兄が自閉症で、兄のめんどうをみるために部活動ができない危機。

そしてピアニストだったはずの新垣結衣はピアノを弾こうとしない。

実は新垣結衣はコンサート直前に婚約者が死んだ知らせを受け、以来、ピアノを弾けなくなっていた。

しかしナズナと心を通わせた新垣結衣は、

「逃げたら救えない」という言葉で、ピアノを弾けるようになっていく。

合唱部は、一丸となってコンクールへの練習を重ねる。

県大会コンクール当日、一本の電話が入る。

産休の松山ハルコが緊急入院したという知らせ。

それも順調な出産ではなくて、心臓が悪くて危険な出産。

ハルコはコンクールを見に来る予定だった。

部員たちはリハーサルができないまま本番を迎える。

部員たちは携帯電話を使って、分娩室にいるハルコに歌声を届ける。

結果は全国大会への出場はできなかった。

コンクールの後、ナズナはピアノで「長めのド♯」ふたつを弾きます。

「汽笛はド♯、長く2回伸ばすと『進め!進め!』という意味」と、生前の母の言葉を思い出しながら。

その時、サトルの自閉症の兄・アキオが母の言葉と同じことを話す。

アキオはナズナ親娘の会話を近くで聞いて覚えていたのだ。

婚約者の死をふりきれた新垣結衣は船で島を去る。

その新垣結衣を、赤ん坊を抱いたハルコや部員たちが、見送りに。

新垣結衣は対岸の人たちに、大きく手を振る。

(エンディング「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の曲)。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line