ウルヴァリンSAMURAI~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1945年、日本の長崎にいたローガン(ウルヴァリン)は

原爆の爆発から青年将校・矢志田を助けた。

今、

『X-MEN: ファイナル ディシジョン』の最終決戦にて、

ローガンはカナダの山奥に暮らしていた。

日本の大企業グループ「矢志田産業」の総裁となっていた矢志田は、

部下の福島リラを使ってローガンを日本に招待する。

老衰により病弱した矢志田は

「助けてもらったお礼にローガンを不老不死の生き地獄から解放する」と告げ死去する。

葬儀の中、ヤクザ軍団の襲撃を受ける矢志田の孫娘のマリコを守って、

東京から長崎へ逃避行するウルヴァリン。

愛し合う関係になったマリコをヤクザに奪い去られてしまう。

Dr. グリーン(ミュータント)によって、

ウルヴァリンは体の回復能力を阻害され本来の力が出せない。

ヤクザを雇ったのは真田広之だった。

矢志田は息子・真田広之をさしおいて孫娘に遺産を与えた。

ウルヴァリンはヤクザの一人を脅かし、行き先を吐かせる。

真田広之が真理子を殺そうとしていることを聞く。

医療マシーンで心臓をチェックすると、

ウルヴァリンの心臓にはロボットがはりついており、

それが原因でパワーがないことを知り、ロボットを取り出し破壊する。

力を取り戻したウルヴァリンは真田広之と戦い、真田広之は死亡。

忍者部隊と戦い、真理子がとらわれている山荘へと急ぐ。

そこには、シルバー侍というロボットが守っていた。

シルバー侍の中身が矢志田であることを知る。

矢志田はシルバー侍を操り、

ウルヴァリンのエネルギーを自分に移植することで若返る計画だった。

真理子とウルヴァリンが矢志田は殺す。

真理子は矢志田産業の社長になる。

ウルヴァリンはカナダへ戻る。

2年後、ウルヴァリンは空港にて、マグニートーと出会う。

そしてそこにはプロフェッサーXもいて、

彼らはウルヴァリンに協力を申し込む。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line