インサイド・ヘッド~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

アメリカ・ミネソタ州で、女の赤ん坊・ライリーが生まれる。

ライリーに最初にできた感情はヨロコビ。

その後、カナシミも生まれる。

イカリ、ムカムカ、ビビリの感情も生まれる。

頭の中にある5つの感情が、

1つの司令塔のコントロールパネルを操作してライリーに感情が湧く。

感情は次々に丸いボールとなり、1日の最後に整理される。

特に大事な思い出は別の場所に収納される。

感情の蓄積がライリーの性格を形成し、司令塔のリーダーはヨロコビ。



11歳の時、ライリーに大きな変化が訪れる。

父が新しい会社を起こし、一家はミネソタ州からサンフランシスコに転居。

新居は古くて汚く、引っ越し業者の手違いで家具が届かない。

転校初日、自己紹介を促されたライリーが、

故郷ミネソタや大好きなホッケーチームの話をした時、

カナシミが特別な思い出のボールに触れる。

すると色がカナシミの色に染まり、ライリーは話しながら泣き始める。

慌てて特別な思い出をしまおうとしたヨロコビとカナシミは、

1日の最後に整理されるチューブに吸い込まれ、司令塔から飛ばされる。

司令塔のリーダー・ヨロコビが不在の司令塔を

残りのイカリ、ムカムカ、ビビリだけで切り盛りするが上手くいかない。

ライリーは学校で孤立し家でも孤独になる。

ヨロコビとカナシミは司令塔に戻ろうとするが、道のりは長い。

ヨロコビはライリーが幼少期に作った幻の生き物・ビンボンと会う。

ビンボンはピンクの象。

ヨロコビはビンボンの案内で司令室に戻ろうとする。

その頃ライリーの頭の中では性格を形づくる「おふざけの島」「ホッケーの島」「友情の島」が崩壊する。

ライリーはミネソタに帰ろうと、ママのカードを盗み長距離バスに乗る。

父母は心配する。



ビンボンを慰めるカナシミを見たヨロコビは、

自分たちは表裏一体で、悲しみがあるからこそ喜びもあるのだと悟る。

ヨロコビが「無意識の底」に落ちる。

ビンボンの犠牲でヨロコビは司令室に戻る。

2人が司令室に戻り、ライリーの感情が機能する。

ヨロコビはコントロールパネルをカナシミに預け、両親の前で孤独なライリーの気持ちを表現させる。

両親はライリーを理解し、抱きしめる。

その後、ライリーはクラスに溶け込み楽しく過ごす。

コントロールパネルはバージョンアップし、思春期ボタンが新たにできる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line