まぼろし~女性の喪失感がみごと


まぼろし(2001) B

=============== 

★ソース 

監督が目撃した喪失事件を基にしている

=============== 

★どんな人向けか?

喪失をえがく、ちょっと重いですかね?


★ショウトしょうとSHORT

フランス映画

女性の喪失感を見事に描いていますね。

マリーを演じるのは『地獄に墜ちた勇者ども』『愛の嵐』などの

シャーロット・ランプリング

ウルフ(狼)目のクール美人、
年齢を重ねても顔も体も綺麗に維持されていますね。


★女性に、聞きたくなったこと

失踪した夫の喪失感を埋めるために、

それもすぐの時期に女性は不倫する気になるのだろうか?

そこが自分には理解できない。


★ひと言

夫を失ったことを認めない気持ちと認める気持ちで
揺れ動く、正気と狂気のさじ加減
そのへんの描き方は素晴らしいです。

監督はヒッチコックの「めまい」に迫りたかったが
できなかったという。

作品的には喪失や愛の不毛を描いた監督
ミケランジェロアントニオーニの作品を連想しました。


ヴァージニアウルフの「波」を授業で取り上げるので
関連性を探したが、ヴァージニアの死生観を語るだけで中途半端。 


★概要

マリーとジャンは連れ添って25年になる幸せな夫婦。

フランス南西部のランドにヴァカンスに出かけた。

ヴァカンスの2日目、マリーが浜辺で午睡している間に海に入った夫は、

手がかり一つ残さずに消えてしまう。

事故なのか、失踪なのか、それとも自殺…? 

これまでの幸福な日々を突然無くし、

パリに戻ったマリーを待ち受けていたのは深い喪失の哀しみだけだった…。

 

★仕入れた情報

夫婦役のシャーロットとブリュノは

「蘭の肉体(1974)」以来25年ぶりの共演


========

★基本情報

原題 Sous le Sable 直訳すれば「砂の下」。

監督 フランソワ・オゾン

脚本
フランソワ・オゾン
エマニュエル・バーンヘイム
マリナ・ドゥ・ヴァン
マルシア・ロマーノ

出演
シャーロット・ランプリング
ブリュノ・クレメール
ジャック・ノロ
アレクサンドラ・スチュワルト
ピエール・ヴェルニエ
アンドレ・タンシイ
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line