彼は秘密の女ともだち~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

27歳の若さで亡くなったローラ。

親友だったのがクレール。

クレールがローラの夫・ダヴィッドを慰めに行くと、

ダヴィッドは女装趣味が妻の死後に復活していた。

ローラの遺品を身に着けて、ローラになることで喪失感を癒してもいた。

女装名は「ヴィルジニア」と呼んだ。

クレールは死んだローラが復活したと思って、二人は旅行に出かける仲になってしまう。



クレールの夫ラファエルに旅行が露呈して、不倫の疑いを受ける。

身の潔白を証明するため、クレールはダヴィッドがゲイであると説明して、3人での食事の場を設ける。

クレールと(女装した)ダヴィッドはホテルで会い、

情熱的な愛撫を交わすが、クレールは我に返りダヴィッドを拒絶する。

ダヴィッドは高ぶった感情のまま道を歩き、交通事故に遭い、意識はなかなか戻らない。

クレールはダヴィッドにローラの服を着せ、化粧をして、

「私は女」と歌いかけ、そして「ヴィルジニア」と呼ぶ。

意識が回復したダヴィッドを自宅へ連れ、クレールは夫ラファエルに「ヴィルジニア」を紹介する。



7年後、ヴィルジニア(完全女装)とクレールはいた。

ヴィルジニアは社会に受け入れられ、

クレールは身ごもっていた。

クレールのお腹の子が誰の子であるかは、明示されない。

監督の、わざと曖昧にする特徴が出ている。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line