愛の選択~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ジュリア・ロバーツ(23歳)は恋人の浮気の現場を目撃し、母のもとに身を寄せていたが、

新聞で邸宅での看護婦募集の広告を見て、サンフランシスコの豪邸を訪ねる。

運よく採用となった。

病人のビクターが一目ぼれしたのだ。

ビクターは28歳で10年前から白血病と闘っていた。

週400ドルで看護を始めたジュリア・ロバーツは

白血病の化学療法の後に、ビクターに来るすさまじい症状に仕事を辞めようかと悩む。

しかし、負けん気の強い彼女は白血病の本を読み、本気で看護に取り組み始めた。

ビクターはクリムトの絵を愛し、クラシックに傾倒する教養溢れる青年で、

ジュリア・ロバーツを相手に芸術を語った。

最初はあまりの環境と教養の違いに違和感を感じていた2人だったが、次第に心を通わせるようになる。

ある日、2人はドライブに出掛け、衝動的に郊外の貸別荘を借りてしまった。

厳しい父や執事の監視の目を逃れて、2人は愛し合うようになる。

病気が再発したビクターは、死ぬことを決意して、密かにモルヒネを使うが、

「勝手に死ぬなんて、ひどい!」と、ジュリア・ロバーツは、父リチャードに独断で連絡する。

連絡されたことを知ったビクターはショックを受けるが、

ジュリア・ロバーツは愛している、死ではなく、生きることを選ぶように説得する。

ジュリア・ロバーツの誠実な愛に触れたビクターは、2人で共に生きていくことを決心する。


THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line