プリデスティネーション~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

航時局員、つまりタイムトラベラー捜査官のストーリーです。

タイムマシンで過去未来に行ける時代。

1970年にニューヨークで多数の死者を出した爆弾摩は時空犯である。

捜査官ジョンは爆弾魔の射殺に失敗。

殴られ気絶して爆発に遭遇して顔にダメージをうける。

未来にすぐ戻って、整形されて別人の顔になった。



この映画は、よく鑑賞しないとストーリーがわかりづらい。

この爆弾摩は実はジョンだったという粗筋です。

ジョンは性器が雄雌両方あり、幼い頃は女性として生きる。

名前はジェーンと言って、男勝りの体力があった。

成人になったジェーンは宇宙飛行士に憧れた。

そして歴代最優秀の成績でテストに合格して、時空捜査官になってしまう。

ジェーンは、爆弾魔の射殺で時を超えてやってきた整形後のジョンと恋をしてしまう。

お互いに自分とはわからない。

ジェーンはジョンの子供を産む。

ジョンは「すぐ戻る」と言って消えてしまう。

その子供はジェーンの前から誘拐されてしまい、

性器が雄雌両方あり、幼い頃は女性として生きるというタイムループに入る。


ジェーンは出産時に分娩異常で卵巣と子宮を摘出。

医師は男性器の再建を行ない、

赤ん坊を盗まれた上に、ジェーンは男性として生きていくことに。

名前をジョンに変名。

ジョンは何度も過去に戻り爆弾摩を射殺しようとするが、永遠に失敗。

そして整形をして、ジェーンとの出会いと繰り返している。

捜査官の上司は、失敗を責めて高齢になったジョンに引退を勧める。

タイムワープを繰り返すと精神障害や認知症を起こしやすくなる。

精神障害で認知症の老人ジョンは過去に戻って爆弾摩になっていた。

しかし老人ジョンには大義があって

「俺は大勢の命を助けた」と自信を持っていたのだ。

タイムワープして科学の進化を知る彼は、汚染を増長する施設を選んで「毒を垂れ流す前に」爆破していた。

自分が過去にどこへワープしたかを知る彼は、裏をかいて犯行をおこなっていた。

とうとうジョンは老人ジョンと遭遇する。

共に未来を見よう(俺の後継者になれ)と言う爆弾魔(老人ジョン)を、ジョンは銃殺する。

未来の自分を殺してしまう。

THE END


スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line