ラブ&マーシー 終わらないメロディー~ビーチ・ボーイズの自伝

.beachboys


ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2014)C


★数行で映画紹介しなければ

60年代に一世を風靡したバンド、ザ・ビーチ・ボーイズのボーカル、

ブライアン・ウィルソンの数奇な半生。

★ショウトしょうとSHORT

60年代のアメリカの偉大なミュージシャンらは、

ヘロインに溺れて、続々倒れて短命で消えてしまう。

この空白を埋めたのがイギリスサウンドだと思います。

ドラッグで名曲が作れるという妄想がはびこっています。


興味あるネタなのに、60年代と80年代をいったりきたり、
それも
60年代のブライアンをポール・ダノ、
80年代のブライアンをジョン・キューザックが演じる。

ネタに自信をもってください、監督さん! 
下手な小細工しないほうがいいですね。



よく議論になりますが、

「ビーチ・ボーイズ」はロックではない、サーフィンポップスだと思います。


ブライアン・ウィルソンは、アメリカの巷にいるヒットメーカーで、

偉大なるビートルズと比較することに嫌悪感を持っています。


完全あらすじ


★仕入れた情報

初公開 2014年9月7日(トロント国際映画祭)


1 父との不和

父親は元々ミュージシャン志望で叶えられなかった夢を子供たちに託したそうで、

ブライアンたちの音楽は大ヒットするが、

次第に子供らが自らの音楽を追求し始め、自分の手に余るようになると

今度は父がブライアンの活動の大きな障害になっていく。

結果父親はマネージャーを解雇されてしまう。

解雇後も、どんどん余計なことをしていく。

「家族の絆を取り戻すため」と主張して、足を引っ張ることで、

音楽家としてどんどん進化していく息子を

自分と同じレベルにとどめようとする。

これが父が息子の精神を崩壊させた原因の一つになる。


2 ユージン

心を壊したブライアンを治療しようと家族が雇った精神科医ユージーン・ランディ。

ユージーンは治療と称して24時間ブライアンを監視し続け、

生活の全般を管理して薬漬けにして横領していく。

========

★基本情報

原題 Love & Mercy

監督 ビル・ポーラッド

脚本
オーレン・ムーヴァーマン
マイケル・アラン・ラーナー

出演者
ジョン・キューザック
ポール・ダノ
エリザベス・バンクス
ポール・ジアマッティ

上映時間 122分

製作国 アメリカ合衆国
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line