FC2ブログ

サヨナライツカ~詩だけがいいですね。


===============

サヨナライツカ(2009)


=============== 

★ソース 辻仁成の同名恋愛小説

=============== 

★ひと言

配役が好きになれないです。

中山美穂さんではピント来ませんでした。

謎の美女? 誠実な女性だけはあっていますね 

メイクがどうもいただけない、こんなブスじゃない。

いくつかの納得のいかない演出でした、詩だけは感動しました。



★良かったのは婚約者が書いた詩ですね。

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない

孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい

愛に怯える前に、傘を買っておく必要がある

どんなに愛されても幸福を信じてはならない

どんなに愛しても決して愛しすぎてはならない

愛なんか季節のようなもの

ただ巡って人生を彩りあきさせないだけのもの

愛なんて口にした瞬間、消えてしまう氷のカケラ

サヨナライツカ

永遠の幸福なんてないように

永遠の不幸もない

いつかサヨナラがやってきて、いつかコンニチワがやってくる

人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと

愛したことを思い出すヒトにわかれる

私はきっと愛したことを思い出す


=============== 

★メジャーな映画紹介引用


好青年と周囲から呼ばれ婚約者もいる豊が、

謎の美女沓子とタイ・バンコクで出会い、

互いに惹かれ合い逢瀬を重ね、そして別れ、

25年後に劇的な再会をするまでを描く。

愛されることがすべてと思っていた女性が、

運命的な出会いを経て、

愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。

『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、

監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、

『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。

原作は中山の夫・辻仁成。

バンコクで始まった恋が東京と場所を移し、

25年の時を超えて愛へと変わる過程が切ない。


★映画にない原作での話し

タイで別れた、姿を消した後の沓子は、

昔の彼氏とニューヨークで生活していたが 、

別れてバンコクに戻る。

慰謝料も底をつきはじめ、

働こうかなと考え始めた時、

オリエンタルで馴染みだったマネージャーから、

ホテルでの仕事を紹介されて働き始める。

========

★基本情報

サヨナライツカ


監督 イ・ジェハン


脚本 イ・ジェハン
イ・シンホ
イ・マニ

原作:辻仁成

出演者
中山美穂
西島秀俊
石田ゆり子

主題歌 中島美嘉「ALWAYS」

上映時間 134分
製作国 韓国


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line