図書館戦争 THE LAST MISSION~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

表現の自由を制限するメディア良化法が施行された日本

違反用語を含む図書を検閲対象として狩っていく

メディア良化隊と本の自由を守る図書隊の戦いが激化していた。

戦いは銃撃戦です。


榮倉奈々は図書隊に入隊して2年が経って、岡田准一教官に恋していた。

水戸市で開催される芸術の祭典で図書館法規要覧が提示されることに決まった。

対立している良化隊が図書館法規要覧を狙ってくることが容易に想像できたので、

阻止するために関東図書隊総勢54名に保管図書館までの警備が言い渡された。

図書館に「図書館法規要覧」がある事は極秘だった。

しかし、なぜか良化隊がやってきて、検閲図書を要求。

図書隊玄田隊長は要求を拒否。

それにより、戦闘規定で15時から16時まで戦闘になった。

けれど、16時になっても戦いが終わらずに裏門が爆破される。

館長が「図書館法規要覧」を良化隊へ譲渡する契約書にサインをしていて、

戦闘規定で、良化隊は無差別に攻撃してよいことになった。

良化隊の攻撃に苦戦、図書隊は戦死してゆく。

玄田隊長が撃たれてしまうが、

玄田隊長は「図書館法規要覧」を美術館に密かに届けるために、降伏して、

岡田准一教官と榮倉奈々を逃がした。

榮倉奈々と岡田准一教官が逃げたことが良化隊にわかり、街中でも発砲をやめない良化隊。

榮倉奈々が撃たれそうになったのを、岡田准一教官がかばって撃たれてしまい、

岡田准一教官は本を美術館に届けるように榮倉奈々に言った。

岡田准一教官の意識を失いかけそうになった時、榮倉奈々は岡田准一教官にキスして、

帰ってきたら好きって言いますからと言って、美術館へ向かった。

何人もの良化隊たちが榮倉奈々を追いかけてきて、

美術館まで、あと少しのところで良化隊の車が来て、隊員たちが整列して榮倉奈々を狙って構えた。

美術館に詰めかけていた、カメラマンたちのカメラのフラッシュで、

良化隊は発砲できずに、無事に本を届けることができた榮倉奈々。

仁科司令の要請が聞き届けられ、戦闘は終了しました。

『図書館法規要覧』は大々的に展示され、「未来への自由展」の目玉となりました。

退院した岡田准一が今度デートしようと榮倉奈々に暗示めいた言い方をする。

仁科司令はひっそりと引退し、それを玄田隊長が見送る。

THE END

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line