容疑者Xの献身~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

松雪泰子は弁当屋「美里」を営んでいた。

松雪泰子と娘・美里が暮らすアパートに、元夫・富樫慎二が現れる。

何度引っ越ししても現れては金を無心する富樫に、松雪泰子と美里は追いつめられていた。

松雪泰子と美里は富樫を殺してしまった。

富樫が娘美里に暴力を振るい、それをやめさせようとして松雪泰子は電気コードで首を絞めてしまう。

娘も手伝う。

それを察したアパートの隣人・堤真一は、松雪泰子と美里を救うためトリックを考える。


堤真一は天才的数学者と鳴らしつつも家庭の事情で大学を辞めて高校教師となり、

人生に絶望していた。

堤真一は弁当屋「美里」の弁当を毎日のように食べて、

隣部屋の松雪泰子と美里の存在で、かろうじて生きていたようなものだった。

堤真一は松雪泰子に恋をしていた。



柴咲コウ刑事の管轄内で死体が発見される。

顔も指紋も焼かれて、投げ捨てられていた自転車の指紋から富樫と断定。

殺人事件の捜査線上にのぼったのは、前妻・松雪泰子の存在。

しかし松雪泰子を取り調べると、富樫の死亡推定時刻に松雪泰子は娘の美里と共に、

劇場で映画鑑賞をしていたという、確固としたアリバイがあった。

しかも映画の半券まで保管されてあり、

本庁の北村一輝と柴咲コウ刑事はその不自然さに疑惑を深める。

北村一輝は、学友の帝都大学理工学部の准教授・ガリレオこと福山雅治に捜査の協力を仰いだ。

容疑者・松雪泰子の隣人が堤真一と知り、福山雅治は驚く。

というのも、福山雅治と堤真一はかつて同じ帝都大学の同級生で、

福山雅治は堤真一を天才的な頭脳を持つ自分の好敵手として、

堤真一の才能を高く買っていたのだった。

17年ぶりに堤真一と再会した福山雅治は堤真一の孤独なその後を知る。

大学院に行きたかったが、親が寝たってきりになってしまったのだ。



遺体は河川敷に捨てられていた。

なぜ? 自転車にだけ指紋が?

福山雅治はカンで堤真一を疑い、二度も訪問する。

堤真一は次のカードを切る。

娘美里は映画館で同級生に会っていたことを警察に追加自供。

警察は同級生にも確認できた。

新たな情報がもたされる。

富樫はヤクザに殺された?

富樫はヤクザ経営する賭博で負けて、払わないで逃げていた。



北村一輝が福山雅治に、堤真一の高校の勤務表で殺害前後に午前中に二日続けて休んでいると話す。

福山雅治がはっと気づく。

幾何の問題とみせかけて関数の問題と堤真一が言ったことだ。

堤真一は福山雅治が完全に疑っていることを見抜く。

2人は冬登山する。

「あの問題を解いても、誰も幸福にならない。もう忘れてくれ」

と堤真一は福山雅治に言う。

堤真一は「これで連絡をとらない」と松雪泰子に公衆電話から電話して、

松雪泰子のポストに手紙を投函。



堤真一が自首してくる。

富樫を殺したと言う。

凶器となった電源コードなど堤真一宅で押収。

彼女が壁を通して、僕に富樫を殺せと言っていたと聞こえた。

典型的なストーカーの犯罪。

松雪泰子は美人なので他の男性工藤とデートして、

僕を裏切ったと自供。



堤真一の手紙が入った茶封筒には

男性工藤とのデートの写真と「あなたは裏切った」ということが書かれたものがあった。

それ以外には松雪泰子宛の最後の手紙文が別にあった。

「ストーカー行為を受けていたと警察に言ってください。

調べました。工藤さんは誠実な人です 幸せになってください。

わたしは、あなたに助けてもらった」



福山雅治は松雪泰子にトリックを話す。

「警察は映画館に行った日しか尋ねない。

だから嘘はついていないので、耐えられる

あなたはその前日に富樫を殺した」

富樫の死体だと思われていたのは浮浪者のもので、

富樫の殺害された日は松雪泰子と美里が映画を見に行ったのだ。

アリバイの前日だった。

堤真一は松雪泰子たちを庇うため、浮浪者を殺すという罪を犯していたのだ。

福山雅治は、半ば強引に取調室へ面会に訪れ、堤真一の真意をはかる。

しかし堤真一の決意は固く、自白を撤回しない。



松雪泰子宛の最後の手紙文の残り。

「僕は人生に絶望して、部屋で首をつろうとした時に、

チャイムが鳴ったのです。

あなたが、隣に引っ越してきた挨拶でした。

それで自殺を思いとどまりました。

救ってくれたのはあなたです。

それからあなたと娘さんが毎日明るく挨拶してくれる。

どうか幸福になってください。

あなたに幸福になってもらわなけれれば、僕の行為は無駄になります」



堤真一が移送される時に松雪泰子が見送りにきた。

「どうして私のために?

私だけが幸福なるなんてにそんな無理です

わたしも罰をうけます」

「どうして?」

お互いに泣き出す。

「ごめんなさい」

松雪泰子は、警察に全てを告白。



柴咲コウが福山雅治に言う。

「松雪泰子は殺害を認めました。

堤真一は事実を否認しているそうです」

「人を愛することを知らないで生きていたら、殺害などしない。

あいつはそれほどまでに深く人を愛することができたんだ」

福山雅治はやりきれない思いを抱く。

「堤真一は松雪泰子の生かされていたんですね」と柴咲コウがつぶやく。



バラバラとなった死体が見つかる。

おそらく富樫の死体だろう。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line