秘密 THE SECRET~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

夫ディビッド・ドゥカウ゛ニーは妻はハンナと一人娘の3人で暮らしていた。

なぜかハンナと娘は口論が絶えない。 娘の反抗期?

ある日、ハンナが運転する車中で娘と口論になり、

脇見運転した瞬間、大事故を起こしてしまう。

病院に搬送されたハンナと娘は、意識不明のまま同じ病室へ移されていた。

知らせを聞き、駆け付けたディビッド・ドゥカウ゛ニーは2人を見て愕然となる。

しばらくすると妻ハンナは意識を取り戻した。

一方、娘は心肺停止になってしまう。

ハンナは娘の手を握り、泣きながら何度も何度も名前を叫んだ。

しかし、娘は医者の努力も虚しく、死亡が確認され、人工呼吸器が外されてしまう。

一方、娘の死を看取ったハンナは、あまりのショックに心臓麻痺を起こし息を引き取ってしまった。

ところが、死亡が確認され人工呼吸器を外された娘が、なんと息を吹き返したのだ。



父親のディビッド・ドゥカウ゛ニーは、娘に呼び掛けるが、娘は自分がハンナだと言い、

鏡に映った自分を見てパニック状態になってしまう。

『自分は娘ではなく、ハンナだ』と繰り返し主張する娘に対してディビッド・ドゥカウ゛ニーは、

事故後に起きる軽い意識障害だと、全く信じなかった。

しかし、ハンナとディビッド・ドゥカウ゛ニーしか知りえない事を知っていたり、娘の友達に会っても誰だか分からない、

逆にハンナの友達と自然に会話したり、いくつも不可解な事が重なり、

ディビッド・ドゥカウ゛ニーはようやく、体は娘だが、魂(心)はハンナだと信じるようになる。

娘の中にハンナがいる。

ならば娘の魂は何処に?

(心はハンナの)娘は、ハンナの葬儀に出た。

その時初めて、娘の友達に会う。

その友達から「望み通り、母親が居なくなって良かったな」と言われ、

さらにドラッグを勧められたのだ。

(心はハンナの)娘は愕然とし、その場から立ち去る。

娘は体調もだんだん良くなり、普通の暮らしに戻っていった。

(体は娘の)ハンナはディビッド・ドゥカウ゛ニーと話し合い、学生生活を続ける事になった。

心はハンナのままの娘は、学校に通い始めるが先生の名前や、

友達の名前は愚か、ロッカーの場所も分からない。

娘の友達の言葉にショックを受けていたハンナだった。

娘の生活をしていくにつれて、娘の荒れた友達関係や男関係を知りショックを受ける。

しかしそれよりも、娘の日記を見つけたハンナは、

娘の気持ちを何も分かっていなかったと自分を悔いていた。

一方ディビッド・ドゥカウ゛ニーは、心は妻のハンナだが、

体は娘の娘という状況にどう接したら良いのか分からず悩んでいた。

しかし、結婚や出産の為に大学にいけなかった事を悔いていたハンナは、

娘の代わりに学生生活を送る事が楽しくなっていく。

娘の生活に慣れはじめたハンナとディビッド・ドゥカウ゛ニーは心のスレ違いが多くなる。

娘の体のために、ハンナとディビッド・ドゥカウ゛ニーは夫婦のふれあいが出来なくなり悶々としている一方で、

ディビッド・ドゥカウ゛ニーの女性に優しすぎる態度を見てしまったり、

はたまた、ハンナの男関係も疑わしく思うところがあり、

お互いに嫉妬し、喧嘩する事も多くなっていった。



ある日娘の体のハンナは友達とのパーティーに出かけ、そこで酒を呑み、ドラッグにも手を出してしまう。

心配のあまりディビッド・ドゥカウ゛ニーはパーティーをしている家を探し出し、

幻覚のような現実のようなものを見てパニックになった娘を家につれて帰った。

朝目覚めると、ハンナの魂は消え、心も娘に戻ったのだ。

娘は事故当時を思い出し、母親を呼びながら家の中を捜し回る。

パニック状態になった娘は家の外で意識を失い倒れてしまう。

そのあとまた心はハンナに戻ってしまった。

しかしハンナは、娘の魂が戻り、自分はもうすぐこの世から居なくなる事が分かっていた。

娘が近くにいるのを感じるのだ。

そして次の朝は心も娘だった。

ハンナは消えてしまったのだ。

その前にハンナは、娘の体のまま、娘宛にビデオレターを撮っていた。

ディビッド・ドゥカウ゛ニーは娘に、ビデオレターを娘に見せる。

驚く娘。

そこには自分が映っていたからだ。

ビデオレターには、娘の気持ちを何も分かっていなかった事、

子ども扱いしていた事を謝り、娘を世界一愛していると話す(心はハンナの)娘が映っていた。

画面の中のハンナに手をあて、涙を流す。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line