小川町セレナーデ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


須藤理彩はオカマのショーパブで舞台の裏方をしていた時、

ダンサーのオカマ・安田顕と酔った勢いで一度だけ関係になってしまい妊娠する。

須藤理彩は安田顕に告げた上で、須藤理彩は小夜子を出産しシングルマザーになる。

安田顕は須藤理彩たちのことは気になりながらもオカマらしく1人で生きていく。



須藤理彩は東京近郊の小川町で「スナック小夜子」のママとなり小夜子を育てる。

常連客相手のうらぶれた場末のスナックはそれなりに繁盛し、

2階にある住居で須藤理彩と小夜子は暮らしていた。

しかし小学生になった頃から小夜子は同級生たちに“スナック小夜子!”とからかわれるようになり、

店を嫌い、須藤理彩に対して反抗的になる。

高校生になった小夜子は地元のヤンキーに食べられて、自殺したくなるほど落ち込む。

そんな小夜子に須藤理彩は黙ってお茶漬けを出してやる。

小夜子は東京へ行く決意をし家を出て行く。

須藤理彩は笑顔で小夜子を送り出し、1人になってから泣く。

一応安田顕に報告の電話をするが、留守電を聞いた安田顕は須藤理彩のメッセージを最後まで聞こうとはしない。



小夜子は男に優しくされるとすぐ夢中になり、しばらくして捨てられることを繰り返していた。

失恋して泥酔した店でお茶漬けを出してもらい、母を思い出した小夜子は家に帰ることにした。

帰ってきた小夜子は今でも店を嫌っており、須藤理彩が頼んでも店に出ようとはしなかった。



須藤理彩は客の来ない店にシングルマザーの亮子を雇い続けるようなお人好しで実は借金まみれだった。

ついに店を手放すことになった須藤理彩が最後に常連客をもてなす様子を見て、小夜子の中で何かが変化する。

須藤理彩は借金取りの中村に権利書を渡し、店を片付け始める。

しかし小夜子と亮子は諦めておらず、須藤理彩を連れ噂の繁盛店へ偵察に行く。

なんとその店はオカマバーで、オカマたちの接客に感動した小夜子と亮子は、

偽オカマになりオカマバーをやると言い出す。

小夜子は母の友人だと思っていた安田顕に助けを求める。

安田顕は悩んだ末、力を貸すことに。

安田顕は偽オカマとして2人を徹底的にしごく。

最初は反対していた須藤理彩も3人の熱意を認め手伝うようになる。

ある夜、須藤理彩と安田顕の話を盗み聞きした小夜子は安田顕が自分の父だと知る。

店は大繁盛し、偽オカマの小夜子と亮子には熱狂的な常連客がつくようになる。

しかし、2人とも女としてその常連客に惹かれ始め、オカマのフリが辛くなってくる。

借金を全額返済し店は継続できることになったが、

借金取りの中村に“うらぶれた前の店の方が好きだ”と言われる。

そして須藤理彩も安田顕も潮時だと感じ始めていた。

ついに亮子が“もう限界です”と言い出し、それに触発された小夜子まで愛する男のもとへ走る。

亮子の恋は実るが、小夜子は“女は無理”と言われ振られてしまう。

傷心の小夜子を安田顕は優しく慰め、店を去っていく。

「次の相手には悔いのないように。おもいっきり愛しなさい」

須藤理彩はまた「スナック小夜子」を開店することにし、小夜子は再び東京へ旅立つ。

数年後、釣り堀で孫の面倒を見ながら言い合いをする須藤理彩と安田顕の姿があった。

「私はおじいちゃんじゃないわよ」


THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line