さらばあぶない刑事デカ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


刑事ドラマ劇場版シリーズの第7作

前作より約10年ぶり


名コンビもあと5日で定年退職

平刑事で終わり、上司は危険な任務につかせたくない。

ジンクスがあって、この時期に殉職するケースがあるのだ。

今回の敵は吉川晃司(米ギャングの日本ボス)

BOBというアメリカギャングで、日本ヤクザ闘竜会、中国マフィア、

ロシアンマフィアを壊滅させて横浜の裏社会を牛耳ろうとしていた。

舘ひろしには若い恋人がいたが、その恋人の元カレが吉川晃司のようだ。

吉川晃司との対決で恋人は巻き込まれて死ぬ。

舘ひろしと柴田恭兵だけで、映画なので100名以上ヤクザのいるアジトに乗り込み、

ありえないが、吉川晃司を殺す。

ところが闘竜会のメンバーが大勢集まってくる。

逃げる際、舘ひろしは柴田恭兵にずっと聞けなかった定年後のプランを聞く。

舘ひろしは「結婚して子どもを作る。その子をダンディな刑事に育てる」と答えた。

闘竜会の組員が多勢すぎて、「残りの弾の数と敵の数がまったく合いません」

と柴田恭兵が言いますが、

「これ以上増えてもなんだし、いきますか」と

覚悟を決めた舘ひろしと柴田恭兵は、相手に向かいます。

その結果は映画なので見せない。



横浜平和都市宣言のイベントで、

上司がスピーチで「殉職していった多くの刑事がいること」を訴えて、視聴者を注目させる。

場面は舘ひろしと柴田恭兵がニュージーランドのオークランドに渡り、

優雅にゴルフや食事を楽しんでいました。

2人は食事する店の近くで探偵事務所を開いている。

「浅野温子(警察同僚)は結婚式を挙げてるのか」と話題にすると、

浅野温子がウェディングドレスのまま、2人のいる店へ駆け込んでくる。

結婚詐欺にあって浅野温子は無一文になっていた。

「もうどっちでもいいから結婚して」と追いかけてくる浅野温子から、

舘ひろしと柴田恭兵は逃げる。

the END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line