相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

警視庁庁舎内で会議をしていた警視総監以下幹部12人を人質とした人質篭城事件が発生。

犯人は一切の要求を言わぬまま膠着状態が続いていく。

水谷豊は外からロープで11階の会議室まで降りて、窓から犯人の写真撮影。

篭城犯の正体が元警視庁の巡査部長・小澤征悦であることが判明する。

機動隊が強行突入、事態は小澤征悦が射殺されるという形で終結。

人質の幹部たちも事件に関して一様に口を閉ざし、

警視庁幹部は射殺を正当防衛で迅速に処理しようとする。

だが、不明のままの小澤征悦の動機に疑問を抱いた水谷豊と及川光博は

独自に事件の背後にある真実の究明に動き出す。

そして7年前の反米テロリスト事件が浮上する。



警視庁公安部は日本にテロがなくて、公安部の予算削減に危機感を持っていた。

そのために自作自演でテロを捻出。

中国マフィアをテロリストに仕立てて、彼らが乗った船を爆発させる。

その集団を追っていた捜査官が巻き添えをくって爆死したのだ。

その捜査官の同僚・小澤征悦が上層部に告発したが、不問になり、

人質篭城事件を起こした。

(ありえない篭城事件で、がっかりストーリーです)



警察庁を警察省に格上げするために警察庁長官は動いていた。

警察庁長官を追い落とそうとするために警視総監側が会議していたら、

小澤征悦が乱入しての篭城事件が起こったのだ。

警察庁長官側はこの会議を盗聴していた。

この盗聴で公安部の自作自演が、警察庁長官側に知れる。

警察庁長官は自作自演の件で警視総監側の全員辞任を迫る。

特に幹部の石倉三郎はその場で懲戒解雇される。



自作自演の件は外部に伝わらないように闇に葬られる。

警察庁官房長・岸部一徳は、懲戒解雇された石倉三郎に刺殺される。

水谷豊は、新たな証言で公安部の自作自演を立件しようと動き始めるところで終わる。


THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line