摂氏100℃の微熱~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台は淡路島。

花屋に勤める29歳独身・平愛梨。

預かっている鍵で婚約者宅に無断で入室すると、

裸の男女がベッドに。

男は婚約者で。

思わず逃げ出す平愛梨。

悪いことは続く。花屋の契約が打ち切られる。

花屋に来た青柳翔と再会。

青柳翔が花屋をやめたことを知ると、次の仕事を紹介する。

それは青柳翔宅のメイド。

青柳翔は町の名家で、メイドが5名以上いる。

長期休暇で、東京から淡路島へ帰省していた青柳翔。

目的は母の看病だと言う。

名門ホテルの令嬢が青柳翔にご執心で、

平愛梨をライバル視して意地悪する。



青柳翔の従兄弟が東京から恋人を連れて邸宅訪問。

「恋人のふりをしてくれ」と青柳翔から頼まれる平愛梨。

四人で淡路島観光。

実は青柳翔は従兄弟の恋人に横恋慕していて、

彼女に失恋して東京から逃げてきた。

横恋慕した彼女を見たくないと言う。



嵐の夜に一人暮らしの平愛梨の家を心配して、訪問する青柳翔と婚約者。

青柳翔と婚約者が言い争う。

嵐で物が倒れ、地震パニック症が出て気絶する平愛梨。

19年前の地震で家族を全て亡くしていたのだった。

看病したのは婚約者で、求婚する。

もう浮気はしないと誓う。

青柳翔について、婚約者は「アイツは同情しているだけや」と言う。



ある日青柳翔が酔って、平愛梨にキスしようとすると邪魔が入る。

婚約者から携帯が鳴ったのだ。



メイドの仕事中に地震が起こる。

青柳翔は平愛梨を探す。

部屋でおびえている平愛梨を見つけて駆け寄る。

「なぜ私だけ助かった?」と青柳翔に訴える。

平愛梨を抱きしめる青柳翔。

私はあなたにふさわしくないですと言う平愛梨。



婚約者の求婚は断る。「もう好きじゃない」

メイドをやめることに。

青柳翔と一緒にいるとつらいからだ。

平愛梨を青柳翔のアトリエで、自分を描いた絵画を見つける。

メイド長が平愛梨に、青柳翔が帰京するために今出発したと言う。

急いで追いかける平愛梨。

海岸にいた青柳翔を見つけて懇願する平愛梨。

「私も東京に連れていって下さい」

「何か勘違いしてませんか。僕は淡路島で美術の教師になります」

唖然としていると、青柳翔が平愛梨に付け加える。

「好きです。ずっと一緒にいてくれませんか」

メイド長が嘘を言って、焚きつけたのだ。

ハッピーエンドキス。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line