イン・ザ・ヒーロー~アクション俳優はつらいよ

.

イン・ザ・ヒーロー(2014)B


★数行で映画紹介しなければ

アクション俳優をめざす者たちの悲喜こもごも

★ショウトしょうとSHORT

ゲーム内のアクションシーンも最初は本物で撮影していることに、
びっくりしました。

本作は映画「ヒーローショー」より好きですね。

日本人はブルースりーになれない、みんなスーツアクターになってしまう。
これは英語が話せないからでしょうか
日本の英語教育が読めることに重視した弊害ですね。

名作「蒲田行進曲」にも似たあらすじです。

松方弘樹さんがちょい役ですが印象深い。


完全あらすじ


★仕入れた情報

唐沢のインタビュー

彼はスタントマン、スーツアクター出身です。

高さ8.5メートルからのダイブや火だるまになっての殺陣などにも自ら挑む。

唐沢が東映アクションクラブで俳優活動をスタートさせた1980年代はそんな呼称もなく、

役を得るためひたすら鍛錬の日々だった。

50歳になってもたらされた「イン・ザ・ヒーロー」のオファー。

当然、自身に重ね合わせる部分もあった。

「確かに最初は俺の話じゃないかと思ったけれど、スーツアクターだったら皆こんな感じですよ。

生活パターンも例外はない。今でも、撮影所に行けばこういう人、いっぱいいるよ。

多分、自分がこんなにいい思いをできるくらいの立場にならなかったら、こんな人生だったと思うよ。

まだやっていたんじゃないの、きっと」

========

★基本情報

監督 武正晴

脚本
水野敬也
李鳳宇

出演者
唐沢寿明
福士蒼汰
黒谷友香
寺島進
和久井映見

上映時間 124分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line