イン・ザ・ヒーロー~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

スーツアクター歴25年のベテラン・唐沢寿明は、

自身が代表を務める「下落合ヒーローアクションクラブ」(HAC)のメンバーとともに

テレビ番組『神龍戦士ドラゴンフォー』のスーツを演じている。

ある日、唐沢寿明のもとに『ドラゴンフォー』が映画になるということで

数年ぶりとなる顔出し出演のオファーが届く。

唐沢寿明は大喜びで準備にかかるが、

まもなく自身の役が人気若手俳優・福士蒼汰に交代したことを知らされる。

ハリウッド映画『ラストブレイド』のデビューオーディションに挑んでいた福士蒼汰は、

『ドラゴンフォー』での役を軽視したうえ、

撮影現場で裏方を見下す態度を繰り返し、共演のHACメンバーらとたびたび対立する。

唐沢寿明は日本でも有数のスタントマンで離婚していた。



『ドラゴンフォー』の撮影で、

ハリウッド映画『ラストブレイド』の日本側ラインプロデューサーの石橋が下見に来るというので、

福士蒼汰は自分がアクションができる俳優であることをアピールしようと、

アクションシーンのリハーサルを引き受ける。

しかし、福士蒼汰はアクションにキレがない上に、段取りをミスし、

相手役の黒谷友香を怪我させてしまう。

福士蒼汰は意気消沈し、自分の悪態を改め、唐沢寿明にアクションの指導を願い出る。

こうして、HACメンバーとの特訓でメンバーと打ち解けてアクションの実力が向上した福士蒼汰は、

『ラストブレイド』のオーディションで見事なアクションシーンを披露し、合格して出演が決定する。

しかし、『ラストブレイド』の撮影は日本側のシーンが全カットの危機に陥る。

クライマックスのワイヤーなし、CGなしの8.5m落下、

炎にまみれての100人斬り大立ち回りのシーンを

ワンカットで演じる予定だった白忍者役の俳優・フェン・ロンが、

危険すぎるとの理由で降板したのだ。

代役が決まらない中、

『ラストブレイド』の日本側ラインプロデューサーの石橋は唐沢寿明にオファーを出す。

ハリウッド出演で大喜びの唐沢寿明だったが、

危険なアクションを聞いて、元妻・和久井映見に猛反対されてしまう。

しかしアクションスターの夢をかなえるために、命がけのシーンを演じる決意をする。

唐沢寿明は5分弱のワンシーン・ワンカットをチャン監督の理想通りに演じ切った。

しかしすぐに全身骨折や打撲で入院。

元妻は看病する。



エンドロール

福士蒼汰はハリウッド俳優になり、会いに来た音信不通の母に笑顔を向けました。

唐沢寿明は現場で後輩指導している。

チャン監督は「映画は監督のものだ!」と持論を述べる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line