白鳥麗子でございます~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

白鳥麗子(河北麻友子)は哲也と同棲中。

料理家事は全部哲也任せ。

料理学校に通わないで料理ができると思っている無知な麗子。

哲也のバスケットボール部の合宿に付き合い、

二人の故郷である静岡県下田市に帰省する。

彼の家族(漁師)に紹介されるが、麗子はドジばかりする。

実家の白鳥家が下田で推し進めるリゾート開発事業に

反対する哲也の家族と対立していた。

麗子が白鳥の娘とわかると、実家の全員から追い出された麗子。

それから両家は「ロミオとジュリエット」状態。

2人の交際は禁止となり、各々監視役がついて、2人は会えない連絡もとれない。

「北朝鮮」状態。

白鳥家の厳重な監視を、くぐりぬけて白鳥邸に侵入した哲也。

警備員に見つかるが、なんとか麗子の部屋に入り込むほどだ。



立ち退きしない住民が多くリゾート開発は暗礁に乗り上げていることを知る麗子。

さらにリゾート開発はカジノ、山を崩して海を埋めてしまう自然破壊。

下田の自然より、開発は経営が苦しい白鳥グループの命運がかかっていた。

哲也は自然を壊さない開発プランを考える。

それに賛同した麗子は融資担当を説得する。

地元を熟知したプランで、融資担当は納得するが

融資先の会長が反対する。 

カジノは譲れないと主張するのだ。

麗子は融資先の令息と結婚することで

白鳥グループの危機を救おうと決意する。

立ち退きしないのでリゾート開発は中止になるが、

しかし白鳥グループへの融資はされるという。



クラスメートが集合して、麗子の結婚を破談にする計画を立てる。

映画「卒業」のパターン。

結婚式に哲也は乱入して訴えるが、麗子は哲也を拒否する。

哲也は外に追い出される。

その後、父が言う。

「会社を失くすより、娘を不幸にする方がつらい」

「結婚はしなくても融資する」と花婿が言う。

会長を説得して哲也麗子案のリゾート開発を進めると言う。

結婚会場の外に追い出された哲也の元に行く麗子。

そしてその場で2人のささやかな結婚式が

クラスメートに見守れて行われる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line