FC2ブログ

ゴスフォード・パーク~全員が主役という映画~ロバート・アルトマン監督




ゴスフォード・パーク(2001)


ロバート・アルトマン監督のミステリーで、
アルトマンらしい群像劇、

イギリス郊外のカントリーハウス
「ゴスフォード・パーク」を舞台に、
貴族たちとその従者たちの複雑な人間関係を描いている。

イギリスの名優が多く出演し、アカデミー脚本賞を受賞した。


★全員(32名?)が主役と言う映画


「ゴスフォード・パーク」のような映画を観たことがない。

アルトマンらしい群像劇とは、よく言ったものだ。

イギリスの名役者が全員(32名?)が主役と言う映画なのだ。

監督は言う。

同時に演技してくれ。

順番にセリフを言う必要はない。

だから観るほうは筋を追うのが大変。

出演者めんめんが同時に話し出すのだから。

でもこれが現実だ、本当だ、リアルだ。

監督は脚本無視、役者のアドリブを期待していると言う。

彼は言う「偶然のミスが真実のボタンを押す」

だから、なぜ、この作品が脚本賞なのか?

疑問なわけです。


★アカデミー賞脚本賞を追いかけていて

この作品でロバート・アルトマンに出会いました。

この監督 イイですね。

本作は脚本賞でなくて監督賞にふさわしい。


★ア賞監督賞に値する

なんでノミネートだけに終わった?

2001年ア賞・監督賞ノミネート
ロバート・アルトマン - ゴスフォード・パーク
ロン・ハワード - ビューティフル・マインド (最優秀)
リドリー・スコット - ブラックホーク・ダウン
デヴィッド・リンチ - マルホランド・ドライブ
ピーター・ジャクソン - ロード・オブ・ザ・リング

そうか、傑作で作品賞「ビューティフル・マインド」か。

作品賞もとると、自動的に監督賞もとる傾向にある。

僕的には監督賞はロバート・アルトマンだと思った。

以下の受賞が影響しているのだろうか?

全米映画批評家協会賞・監督賞、
ニューヨーク映画批評家協会賞・監督賞、
ゴールデングローブ賞・ゴールデングローブ賞 監督賞


★基本情報

原題
Gosford Park

監督 ロバート・アルトマン

脚本 ジュリアン・フェロウズ

出演者
マギー・スミス
ヘレン・ミレン
マイケル・ガンボン
クリスティン・スコット・トーマス
クライヴ・オーウェン
ライアン・フィリップ
デレク・ジャコビ

上映時間 137分
製作国 イギリス
言語 英語


★ロバート・アルトマンを調べたら

あの名作戦争テレビドラマ「コンバット」の演出がデヴューだ。

「プライベイトライアン」はコンバットの続編だと思っている。

映画では『M★A★S★H マッシュ』(1970年)が

第23回カンヌ国際映画祭でグランプリ(現在のパルム・ドールにあたる)を受賞して、

世界的な注目を初めて浴びる(カンヌでは『ザ・プレイヤー』でも監督賞を受賞している)。

アカデミー賞の監督賞の候補にもこの作品で初めてあがった。

『M★A★S★H マッシュ』は後にテレビシリーズ化がなされ、


アメリカで国民的な人気を博す作品となった。

1976年には第26回ベルリン国際映画祭で『ビッグ・アメリカン』が金熊賞、
1993年には『ショート・カッツ』が第50回ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞と、
三大国際映画祭の最高賞を全て制覇している。
アカデミー賞監督賞には5回ノミネートされた
(製作者として作品賞候補に2回なったのを含めると7回)が受賞には至らず、
2006年3月に長年の創造活動に対してアカデミー協会から名誉賞を授与された。
2006年11月20日に、ロサンゼルスの病院で死去。
第78回アカデミー賞の授賞式で名誉賞を授与した8ヵ月後であった。
                               Wikipediaより

★この監督はユニークだ。

『M★A★S★H マッシュ』しか印象がない。

いくつか観てみたいと思う。

「Dr.Tと女たち」は渋柿でした。

遺作が「今宵、フィッツジェラルド劇場で」


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line