荒野の決闘~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

史実に基づく「OK牧場の決闘」のアレンジです。

1881年10月26日
アリゾナ州トゥームストーンのOK牧場近くの路上で起こった銃撃戦。

きっかけ

カウボーイのワイヤット、ヴァジル、モーグ、ジェームスの4人兄弟は、

メキシコで買った数千頭の牛を連れて、カリフォルニアへ向かっていた。

その途中、アリゾナのツームストン近くでクラントン父子に会った。

クラントン親父は一頭5ドルで牛を全部買おうと申し出たが、

それでは買値を割るのでワイヤットは断った。

4男ジェームスを残して、3兄弟は町に行く、

町でトラブルを解決したワイアットは、

保安官がいないので、判事から保安官にならないかと頼まれた。

それを断り、戻ると、末弟のジェームスが銃殺されて、

牛は全部盗まれてしまった。

ワイヤットはクラントンの仕業だと思った。

元保安官のワイアット・アープはツームストンの保安官になる。

弟を保安官補佐にして証拠集めを行う。

* *

酒場で運命的出会いをする。

ワイヤットは酒場でドク・ホリデイと意気投合する。

お互いに西部では有名人だった。

ドク・ホリデイは早撃ち名人。

ホリディは医者だが肺結核なので自爆自棄となって、

西部の荒野を流れ歩いていた。

* *

ホリディを訪ねてボストンから許婚者クレメンタインが訪ねて来る。

あまりの美女で貴婦人なので、ワイヤットは一目ぼれする。

ホリディはクレメンタインに会うが、「帰れ」と言う。

「絶対帰らない」と言うので、

「それじゃ俺が出ていく」と答える。

ホリディの結核の病は悪化していた。

酒場の女チワワはホリディに恋していた。

チワワはクレメンタインに、ホリディの女だと言う。

翌朝クレメンタインは帰ろうとすると、

ワイヤットはクレメンタインを町にとどめようとする。

案山子のようにクレメンタインから離れない。

教会の打ち上げパーティーで二人はダンスをする。

弟らは兄貴のダンスに驚く。

クレメンタインを帰らせないワイアット。

ホリディは、まだクレメンタインが帰らないので

ツームストンを去ってしまう。

* *

酒場の女チワワのブローチが殺された4男ジェームスの物だった。

ワイヤットが尋ねるとチワワはホリディにもらったと言う。

ワイヤットはホリディを追って連れ帰る。

チワワはクラントンの息子のビリーからもらったことを白状する。

それを部屋で盗み聞いていたビリーはチワワを射つ。

次男ヴァジルはビリーを追っかけて射殺するが、

クラントン親父に背後から射殺される。

ホリディはチワワに手術をしたが、チワワは死んでしまう。

次男ヴァジルの死体をワイアットの前に落として、

「OK牧場で待ってる!」と決闘を申し込む。

ワイヤットは逮捕状を以てクラントンのOK牧場へ行く。

3男モーグとホリディも同行する。

相手はクラントンと3人の息子。

3対4

壮烈な拳銃戦の結果、

クラントンと3人の息子、ホリディが死ぬ。

* *

クレメンタインは町に残り、新築される学校の先生となる。

再会を約束してワイヤットはモーグと共に父の許へ。

再び牛を連れて会いに来ると言う。

* *

史実の決闘ではドクホリディは死んでいません。

なぜチワワとワイヤットが仲が悪いのか納得できません。

ホリディとワイヤットが、本作では仲が悪い感じで、
どこで友人になったか描けていません。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line