若者のすべて~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

イタリアでの話

前知識として南部イタリアは貧しく 北部は裕福。

訪問したことがありますが、北部はイタリアには思えません。

戦後まもない頃

未亡人のロザリアと4人の息子たち(次男シモーネ、三男アランドロン、四男チーロ、五男ルーカ)が、

イタリア南部のバジリカータ州から長男の住む北部ミラノへやってくる。

しかし駅に迎えに来るはずの長男の姿はない。

長男は恋人クラウディア・カルディナーレとの婚約祝いのパーティの最中だったのだ。

息子たちと乗り込んだロザリアはクラウディア・カルディナーレの母親と大喧嘩を繰り広げてしまう。

母ら5名は長男を頼ってミラノに移住してきたのだ。

クラウディア・カルディナーレの母が娘を思って移住に非難をしてしまった。

母ら5名は地下にある長男の一室で寝泊まりすることに。

長男が練習するボクシングジムに行った次男とアランドロン。

ボクシングで生計を得ようと思ったのだ。

次男が才能を認められてボクサーとして活躍するようになる。

チャンピオンになると、練習に身が入らず、

娼婦アニー・ジラルドと遊び暮らして堕落した生活を送るようになる。

三男アランドロンはクリーニング店で働いていたが、

次男が三男アランドロンに金を貸してほしいと来店。

女店主を誘惑した次男は、

アニー・ジラルドにプレゼントするために女店主のブローチを盗んでしまう。

受け取ったアニー・ジラルドは高価なブローチで、すぐ盗品とカンが働き、

次男に返そうとするが、不在で、三男アランドロンに返す。

アランドロンはこっそりとブローチを店に返して、次男をかばって、

店を辞めて、徴兵志願して街を去る。

アニー・ジラルドも売春で刑務所に。

その後、長男はクラウディア・カルディナーレと結婚して独立。

四男は苦学の末、学校を卒業してイタリア一の自動車会社アルファロメオの技師となる。

1年2ヵ月後

アランドロンは兵役を終える。

出所したアニー・ジラルドと街で偶然に出会い、2人は恋に落ちる。

ボクシングジムのマネージャーは成績が上がらない次男に失望していた。

アランドロンの才能を見抜き、スカウトする。

アランドロンと愛し合うようになったアニー・ジラルドは、

別人のように真面目な生活を送るようになる。

そんなアランドロンとアニー・ジラルドの関係を知り、

激しく嫉妬した次男は、仲間を連れて2人を襲い、

アランドロンの見ている前でアニー・ジラルドを強姦する。

(アランドロンも事前に次男に報告していないと。隠すことはよくない)

アランドロンと次男は激しく殴り合う。

「兄貴は愛していたのだ。身を引く。兄貴と、より戻せ」

「きっと後悔するわよ」

アランドロンは次男のためにアニー・ジラルドから身を引く。

よりを戻した次男とアニー・ジラルドは自堕落な生活を送る。

アニー・ジラルドは完全に自棄。

次男は多額の借金を抱え、警察に追われるまでに落ちぶれる。

アランドロンはボクサーとして活躍するようになる。

優しい性格のアランドロンは抱えた憎しみを吐き出すように勝利してゆく。

次男はボクシング関係の知人宅で窃盗を行う。

アランドロンは示談交渉して、窃盗額を肩代わりするためにタイトル戦に挑む。

金のない次男と別れ、再び娼婦として客を取るアニー・ジラルドに、

次男は復縁を迫る。

しかしアニー・ジラルドに口汚く罵られて拒否されると、

次男は、アニー・ジラルドを何度もナイフで刺して殺してしまう。

アランドロンの祝勝会に現れた次男を、母親とアランドロンだけが優しく迎え入れる。

次男がアニー・ジラルドを殺したと知った母親とアランドロンは次男をかばおうとするが、

四男は警察に通報し、数日後、隠れていた次男は逮捕される。

アランドロンは将来故郷に戻りたいと言う。

家を出ていた四男に五男が会いに来る。

四男は五男に言う。

四男は都会での生活が善人だった次男を破滅させてしまい、

三男アランドロンの寛大さがそれに輪をかけてしまったこと、

そして次男を誰よりも愛していることなど、

許していいことと許してはいけないことがある。

それを兄(三男)はわからないのだ。

五男は四男が家に戻ることを確認して帰って行く。

======

好きな女優アニー・ジラルドの汚れ役ですが彼女の出世作です。
意外にも、この作品で共演した次男役レナート・サルヴァトーリと結婚し、
死別するまで一緒だった。


THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line