百円の恋~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

安藤サクラは、32歳になっても実家で、ひきこもり生活を送っていた。

母親は弁当屋を切盛りしており、父親は役立たず。

子供連れで実家に戻った妹が、姉の安藤サクラにつらくあたる。

安藤サクラは、歯の治療を受けるが、母親が治療費を出すかで妹と喧嘩してしまい、

母親からお金を貰って追い出されてしまう。

安藤サクラは一人暮らしを始める。

そして通っていた百円コンビニで深夜帯のバイトをするようになる。

店は、バツイチ・セクハラ男の店員40歳代野間、廃棄弁当を漁りにくる元店員の敏子、

職員を見下した本部社員の佐田など、問題ありの人間ばかり。

ある日ボクシングジムに通う新井浩文が買い物に来る。

新井浩文はいつもバナナだけ買うので、店ではバナナマンと呼ばれていた。

新井浩文がバナナを置いて行ったため、

安藤サクラがボクシングジムへ届けると、突然新井浩文にデートに誘われる。

安藤サクラは自分なりにお洒落をしてデートに出かける。

何故自分を誘ったのか安藤サクラが尋ねると、

新井浩文の返事は「断られなさそうだったから」。

新井浩文は全く愛想もなく、デートは盛り上がらない。

店では店長が鬱病で退職したうえに、野間にセクハラされながらも安藤サクラはバイトを続ける。

しばらくして新井浩文が久しぶりに来店し、

代金の代わりに自分の引退試合のチケットを置いていく。

一緒に勤務していた野間と共に、安藤サクラは試合を観戦しに行く。

新井浩文は試合に負けてしまったが、

安藤サクラはボクシングの迫力や、試合後に互いを称え合う姿に魅力を感じる。

試合後に3人は食事に行く。

37歳だからボクシングも定年で、今日が最後の試合だと言う新井浩文。

安藤サクラが席を外した際、安藤サクラが自分に惚れていると野間が嘘をつき、

それを信じた新井浩文は一人帰ってしまう。

残された安藤サクラは、野間に酔わされて強引にホテルに連れ込まれる。

初めてだと告白し必死で抵抗する安藤サクラは強姦される。

その後出勤すると、野間は店の金を盗んで逃げてしまう。

マネージャーとして佐田がやってくる。

安藤サクラはジムに行くが、新井浩文はジムを辞めていた。

ボクシングでプロテストを受けたいと望む安藤サクラは、

ジムで練習をするようになる。

新井浩文が再び来店し、レジで嘔吐して倒れる。

安藤サクラは自宅に連れていって、風邪を引いた新井浩文を看病する。

新井浩文は帰らずに部屋にいて、二人は初めて関係を持つ。

二人の恋は進展していくが、新井浩文は豆腐の移動販売の仕事を見つけると、

同僚の女性に気移りし、安藤サクラの部屋を出て行く。

失恋を忘れるためか、安藤サクラはボクシングの練習にのめりこむ。

会長に反対されるも、プロテストを受験すると一発合格し、試合も決まる。

「ボクシングをなめてる。一発も当たらない」とジムの会長は言う。

初めて夢中になれるものを見つけた安藤サクラ。

一方店では、佐田の態度に腹を立てて殴ってしまい、首になる安藤サクラ。

母が骨折したため、安藤サクラは実家の弁当屋を手伝うことになり、

偶然来店した新井浩文と再会。

豆腐屋の彼女に振られ、仕事も変えた新井浩文に安藤サクラは、試合を見に来てほしいと伝える。

安藤サクラは猛練習を積み、ハサミで髪をバッサリと切り、試合を迎える。

安藤サクラは自分が百円程度の女と感じ、

選んだ入場曲は、百円コンビニのテーマソングだった。

強敵相手に安藤サクラのパンチは決まらず、何度もダウンを取られるも立ち上る。

ようやく得意の左を決めるが、パンチを返されてリングに倒れて負ける。

安藤サクラはふら付きながら、対戦相手と憧れの抱擁をする。

会場を出ると新井浩文が待っていた。

「勝ちたかった」と泣きじゃくる安藤サクラに、

新井浩文が「飯でも食いに行くか」と言って、手を引いてゆく。

==

負けても燃焼することに意味がある。

百円の価値しかないと自覚している女性が夢に挑み完全燃焼する。


THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line