ベイマックス~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

未来のサンフランソウキョウに住む14歳の少年・ヒロ・ハマダは

飛び級で高校を卒業して、

非合法のロボット・ファイト(賭けのロボット対決)にのめりこんでいた。

そんな弟を見かねた兄のタダシは、通学している工科大学へ連れていく。

タダシの友人である「科学オタク」たちの手がけた数々の発明品や、

兄の開発した白くて風船の様なケアロボット「ベイマックス」に出会う。

キャラハン教授(ロボット工学の権威)と出会ったことで、飛び級入学を決意する。

入学するためには、大学の研究発表会で、

キャラハン教授をうならせる独創的な発表をしなければならない。

タダシや大学の仲間たちの協力の下、ヒロは発明品を完成させ、

発表会でプレゼンテーションを行なう。

ヒロの発明した「マイクロボット」は指先ほどのサイズしかないが、

互いに引き寄せあって集合体を形成する特性を持ち、

操作者の頭部に装着した神経トランスミッターでコントロールすることで、

その集合体を瞬時に思うままの形状に変化させる画期的な発明品だった。

発表は大成功をおさめ、ヒロはキャラハン教授から直々に入学を許可される。

しかしその直後、会場で火災事故が発生。

タダシは建物に取り残されたキャラハン教授を助けようと炎の中に飛び込み、帰らぬ人に。

(消防ロボットはいないの? どんな未来?)

兄のタダシ、尊敬するキャラハン教授、マイクロボットを一度に失う。

ヒロは心を閉ざして部屋に引きこもっていたが、

彼が思わず発した言葉「痛い!」によってベイマックスが起動し姿を現す。

ベイマックスはタダシに与えられた「傷ついた人の心と体を守る」使命に従いヒロの痛みを癒そうと試み、

ヒロの手元に唯一残されていたマイクロボットの反応を頼りに、街に出て、探索を始める。

ベイマックスとヒロは、古びた倉庫にたどり着くが、

倉庫の中ではあの火災で失われたはずのマイクロボットが大量に生産されていた。

二人はそこで謎を秘めた仮面の男ヨウカイに遭遇し、

男の操る大量のマイクロボットに襲われながらも、命からがら逃げ帰る。

一連の出来事から、タダシの死が事故ではなく、

マイクロボットを狙った者による犯行なのではと推理したヒロは、

兄の死の真相を知りたいと思う。

ベイマックスに戦闘用のプログラムを組み込み、バージョンアップする。

港でヨウカイに迫ったヒロだが、その圧倒的な力を前にしては逃げる事しかできず、

ヒロを心配して追いかけてくれた仲間たちに助けられて何とか窮地を脱する。

仲間のフレッドの家に集まったヒロたちは、ヨウカイの正体は実業家クレイではないかと推理し、

みんなで一致団結して彼を逮捕することを決意する。

それぞれの研究にあわせたスーツを開発、

ベイマックスもより戦闘的なものに改良してロケットパンチを搭載、

強化スキャナーと飛行機能も加えてバージョンアップを果たす。

ヒロは飛行機能のテストも兼ねてベイマックスと共にサンフランソウキョウの大空へと飛び立ち、

夕暮れの中を自由に飛び回る。

ヒロの精神状態が改善に向かったことをスキャンしたベイマックスはケアの終了を提案するが、

ヒロはヨウカイを捕まえることを主張し、

ベイマックスがスキャンしていたヨウカイの身体データを元に彼の居場所を探り、

仲間と共に孤島の研究施設へと乗り込む。

ヒロ達はそこに残された監視カメラの録画映像から、

過去にこの場所でクレイの経営する大企業「クレイテック」によって

軍や政府関係者を前にした物質転送装置の実験が行われるが、

クレイが装置の不調を押し切って実験を強行したため、

テストパイロットが消息不明になるという事故が起こっていたことを知る。

そこへ再びヨウカイが現れ、ヒロ達を攻撃する。

マイクロボットを駆使するヨウカイにヒロ達は立ち向かうが、

初のて実戦で好き勝手に能力を使ったため、ヨウカイに翻弄されてしまう。

しかしヒロはヨウカイの仮面を奪うことに成功。

その正体が、火災によって死亡したと思われてたキャラハン教授であることが明らかになる。

キャラハン教授は火災の中に取り残されるも、

神経トランスミッターでマイクロボットを使って生還していたのだ。

ヒロはキャラハン教授が結果的に兄を見殺しにした事を激怒し、

ベイマックスからケアデータを抜き取って教授の殺害を命令する。

仲間たちは暴走するベイマックスを止めようと必死になり、

ベイマックスにケアデータカードを再挿入した時、

キャラハン教授はその隙をついてマイクロボットとともに施設から姿を消していた。

ヒロは反対を押し切って、キャラハン教授を追跡するが、スキャナーの破損により失敗に終わる。

自宅へ戻ったヒロは、ベイマックスから再びケアデータカードを抜き取って

戦闘モードにしようとするが、ベイマックスは拒否する。

かわりにタダシが「大勢の人を助けるために」と、

不眠不休でベイマックスを開発した際の記録映像をヒロに見せる。

自分が間違っていたことを悟ったヒロは、仲間たちに謝罪し、今度こそキャラハン教授を逮捕し、

兄のように人を助けるために自分の才能を使うことを誓う。

ヒロ達は、残りの録画映像から、

転送装置の事故で行方不明になったパイロットがキャラハンの娘アビゲイルだったことを知り、

キャラハンがマイクロボットを使ってクレイに復讐しようとしていた事を突き止める。

クレイテック社が新社屋の完成パーティを開催中に、

キャラハン教授はマイクロボットで急襲して、転送装置を宇宙船型にして、

クレイテック社と参列客をまるごと異世界へ吸い込もうとしていた。

駆けつけたヒロ達は大量のマイクロボットに苦戦するも、各々の能力を最大限に発揮し、

マイクロボットを転送装置に吸い込ませることで無力化に成功。

キャラハン教授からトランスミッターを奪い、彼の復讐を防ぐ。

転送装置は暴走を続けるものの、墜落してゆき崩壊しつつあった。

ベイマックスのスキャナーが転送装置の奥に生命反応を感知し、

アビゲイルが異世界内で生きていることを知ったヒロは、

ベイマックスと共に転送装置の奥の異世界へと飛び込んでいく。

そして無事にアビゲイルを救助して脱出しようとするも、

途中で瓦礫からヒロをかばったことでベイマックスが破損、

最後にロケットパンチでアビゲイルが乗った転送船と共にヒロを転送装置の入り口に送り返す。

そしてベイマックスは異世界の彼方へと消えて消滅してしまう。

ある日ベイマックスが自分に託したロケットパンチが、何かを握りしめている事に気がつく。

それはベイマックスの頭脳であるケアデータカードだった。

ヒロはベイマックスを自力で完成させて彼と再会し、

みんなと共にサンフランソウキョウの街を守るヒーローとして活躍する。

フレッドの家の壁には家族の肖像画がかけられている。

「ヒーローになって活躍する自分のことを父に見てほしかった」とフレッドがつぶやく。

そして何気なく押すと、隠し部屋が現れる。

隠し部屋には無数のスーパーヒーローのコスチュームがあった。

フレッドの父も昔はスーパーヒーローだったのだ。

そこにちょうどいいタイミングでいつも家を留守がちのフレッドの父親が登場。

スーパーヒーローのコスチュームパンツを手にしている息子に対して次のように話す。

「パンツは前から履いて、後ろから履く。表裏逆に履くし、そしたらまた前後からも履く」

父と再会を果たして絆を確かめ合うことで映画が終わる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line