彼女を見ればわかること~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ロサンゼルスに住む5人の女性模様

登場する人物は数話に登場します。


第1話「こちら、ドクター・キーナー」

交際相手から連絡がないのでイライラする女医

介護ヘルパーが休んだ為に自宅で母の面倒を見ている。

離婚した中年女性で子供は居ない。

最近付き合っている男性から連絡が来なくなって、

かかってくる電話に一喜一憂している。

友達紹介の出張占い師クリスティーンを自宅に呼んで運勢を見て貰うが、

キーナーの素性調査済みのようで、占い師は彼女の状況をズバズバ言い当てる。

交際男性とは上手くいかないが、もうすぐ新たな男性との縁があると言う。



第2話「レベッカの妄想」

銀行の支店長をしている独身女性が不倫相手の子供を妊娠する話。

レベッカは39歳。

3年前から付き合っている黒人男性がいるが、家庭持ち。

生理が無くて病院に行くと妊娠を告げられ、翌日に堕胎の予約を取る。

その日、同僚の白人男ウォルターとセックスをする。

謎めいたホームレスの女性が出てきて、

「お前は蛇だ。インラン。孤独なメス猫」とののしる。

翌日

堕胎は女医キーナーが担当する。

帰り道で何故か激しく泣き出す。

なぜ私は肉欲に溺れてしまった?

もう39歳、子供を産めないで終わる女性?


第3話 「ローズに誰かを」

思春期の男の子と暮らすシングル・マザーの向かいに、

1メートル以下の身長の男性が引っ越して来る。

ローズは元教師。

離婚して一人息子ジェイを引き取り、今は童話作家をしている。

息子はあの手の男は女たらしが多いと言う。

体にトラウマをかかえていると、性欲で解消しようとする。

女性も男性への哀れみからセックスで奉仕したくなるようだ。

買い物帰りに、彼が荷物を抱えて歩いている所に出くわし、

親切心から自己紹介をし、近所だからと車に同乗させる。

空き家だと思っていた向かいは彼の実家で、20年ぶりに帰ってきたのだと言う。

ひとり暮らしていた母が亡くなり、勘当同然で生き別れたままだったので、

母への供養を兼ねて今は病院勤めをしているらしい。

彼の名はアルバート。

玄関のベルに出てみると、誰の姿もなく、戸口には小さな鉢植えが置いてあった。

アルバートがお礼に持って来たに違いない。

お返しにと、ローズもお花を持ってアルバートの家のドアを叩くが返事がない。

勝手に敷地の中に入って行き、ローズが見たのは半身裸で昼寝しているアルバート。

アルバートがローズに気づくと、そこから駆け出し、自宅へ戻るローズ。

息子がセックスをしたと言いので、多少ショックをうけるローズ。

真向かいのアルバートが気になり、夜は寝付けないローズ。

夜這いすることにしたローズはアルバート家に近づくが、

その直前にドアがロックされたので、自宅へ戻る。


第4話「おやすみリリー、おやすみクリスティーン」

レズカップル

占い師クリスティーンは、癌で余命のない恋人リリーの世話をしている。

リリーは二人の出会いについて回想する。

具合が悪くなり緊急入院

リリーは尋ねる。

「なぜ私を好きになった?」


第5話 「キャシーを待つ恋」

独身の女性刑事キャシーは盲目の妹キャロルと同居している。

キャロルは銀行マン・白人ウォルターと交際している。

キャシーの高校時代の同級生カルメンが死んだ。

解剖医によると明らかな自殺と言う。

帝王切開の施術痕があり、

遺留品から病院を突き止めたキャシーは、

病院担当のアルバートから、赤ん坊の行き先を調べるが、

赤ん坊は誕生日の翌日に亡くなっていた。

白人ウォルターには盲人の娘がいて、点字を作ったきっかけで

キャロルはウォルターと知り合い肉体関係に。

ウォルターの娘が忠告する。

「パパに気をつけて!
すぐ恋をするけど、すぐ冷めてしまう」

キャロルはカルメンの自殺を推理する。


全話のその後が、クロスする。

妊娠させた黒人が尋ねるが、レベッカはドアを開けない。

アルバートがローズの家にやってくる。

キャシーは解剖医とデートに進展。

キーマ女医はバーで銀行マン・ウォルターと出会う。

THE END

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line