ロック・スター~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

イギリスのヘヴィメタルバンド『ジューダス・プリースト』に

加入したティム・オーウェンズの実話をベースのストーリー


ティムは昼間はセールスマンとして働き、
夜はアマチュアバンド「ブラッド・ポリューション」のボーカルをしている。

ロック界の大御所バンド「ジューダス・プリースト」に憧れて、

ボーカルのボビー・ビアーズの歌声をまねて、ファンを熱狂させていた。

しかしティムは突然バンドを追い出されてしまう。

資金的に豊かなギタリストと犬猿の仲で、とうとう大喧嘩。

もうジューダス・プリーストのコピーバンドは終わりだ、オリジナルでやっていく。

そんな彼に何と「ジューダス・プリースト」からボビーの後釜としてボーカルにならないかと誘いが来る。

ボビーの声にそっくりで、ボビー以上に声量がある。

ティムは憧れの「ジューダス・プリースト」の新しいボーカルとなり、一躍スターとなる。

恋人のジェニファー・アニストンがいるが、スターになると女性からの誘惑が多くなる。

ティムもジェニファー・アニストンもドラッグを飲み、グループセックス。

美女の中には下半身は男だったりする。

バンドの妻たちは夫は女遊びは常だから、ら私たちも他の男と遊ぶしかないと言う。

毎日女ども襲ってくる。

バンド演奏が終われば女性のセックス待ち。

ジェニファー・アニストンは去る。

ティムは自分で曲を作るがも認めない、ボーカルのみが仕事。

舞台の前で昔のように歌う若者を舞台に立たせて歌わせて、ティムは去ってゆく。

歌うだけに不満を覚えたのだ。

そして、無名バンドで歌っているティム。

ジェニファー・アニストンが戻ってくる

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line