栄光何するものぞ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1918年、第一次世界大戦。

フランス戦線の後方の村に、

ジェームズ・キャグニー大尉の指揮するアメリカ海兵隊L中隊が帰って来た。

大尉は戦況報告でパリへ出かけることになった。

戦地の愛人・酒場の娘シャルメインは、

「結婚してパリへ連れて行ってくれ」と訴えるが、

既婚者であると言って、キャグニー大尉は断る。

中隊には補充兵ロバート・ワグナーらが配属される。

補充兵の訓育係としてクワート曹長が赴任するが、

キャグニー大尉とは不仲だった。

2人は戦地の女性を取り合う恋敵だった。

キャグニーがパリに行ったあと、

クワートはその日に速攻でシャルメインをモノにした。

―方新米の補充兵ロバート・ワグナーは村の小町娘ニコルに一目惚れし、

2人は1週間で結婚の決意をかためた。

パリから帰ったキャグニー大尉の元へ、

酒場の親父が娘シャルメインの処置でクレームに来た。

結婚相手がクワートと知って、2人を結婚で縛りつけておくのも一計と、

早速式を挙げさせようとするが、将軍が来て、

「ドイツ将校を一人捕えた者には、一か月の休暇だ」とすぐに出撃命令。

それを聞いたクワートは結婚を延期する。

夜にシャルメインがキャグニー大尉の元に訪れる。

「いいか!俺たちのことは忘れろ! 出撃して帰れないかもしれない」

「パリへついてゆけば良かった」

==

出撃して、キャグニーとクワートは

ドイツ将校をとらえるが砲撃で死んでしまう。

ロバート・ワグナーはドイツ将校を捕えるが、

その直後の砲撃で戦死した。

クワートは、うまい具合に軽度に負傷する。

村に後送され、病院を脱走してシャルメインに会いに行くが、

シャルメインはもう別の大尉と関係していた。

その男を追い出して、ベッドインするクワート。

キャグニーも捕虜を捕らえて帰還。

シャルメインに会いに行って求婚するキャグニー。

そこへクワートが現われる。

どちらがシャルメインを獲得するのか

ポーカー・ゲームになる。

負ければ相手を射殺してよい死を賭けたゲーム。

クワートは勝っていたのに怖くなって最後の切り札直前に逃げ出す。

その時だった。

中隊に再度の出動命令が下る。

「将校を捕えたら休暇がもらえると聞いた。俺は行かないぞ!」と、

キャグニーは思わず命令を拒否する。

部下はじっと立っている。
[
「大尉殿!休暇は中止との命令です」

「う~ん。 だめだ! 行かなくては!

行くぞ!

軍人という職業には何かわからぬが、

信仰に通じるものがある。

シャルメイン元気でな!

クワートと結婚しろ! 

もう会わない」

前線に出ないと一生、卑怯者ということがまとわりつくのだ。

呆然と見送るシャルメイン。

出撃していく中隊をみたクワートは、

シャルメインと休養できるのに、

傷ついた足をひきずりながらキャグニーに追いつき、クワートも一緒に出撃してゆく。

===

シャルメインって女性は男をすぐに好きになるのだろうか?

宿に来た高級将校のお相手をするだけの女性?

謎です。

男視線で書かれた脚本ですね。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line