ヴィヴィアン・リー

ヴィヴィアン・リー

イギリスの女優。

僕的には嫌いなタイプの女優です。病的な神経症の顔で疲れそう。

演技のスゴサはわかります。

『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ役と、


『欲望という名の電車』で、2度のアカデミー主演女優賞を受賞した。

2番目の夫が名優ローレンス・オリヴィエ (1940年 - 1960年)

ローレンスとマリリンモンローの仲でヤキモキするヴィヴィアン・リー


慢性の結核で、うつ病にもかかり、53歳で病死。

ヴィヴィアン・リー(Vivien Leigh, Lady Olivier、1913年11月5日 - 1967年7月8日)

★見た記憶のある作品

好感度ABC評価



1937年 無敵艦隊

1937年 間諜

風と共に去りぬ(1939)C~不幸の連続を雑草のように生き抜く女性


哀愁(1940)C~ヴィヴィアン・リー、不幸をもたらす男


美女ありき(1941)D~ヴィヴィアン・リー、史実、英雄との不倫の行方


1945年 シーザーとクレオパトラ

1947年 アンナ・カレニナ

欲望という名の電車(1951)C~ヴィヴィアン・リー、追いつめられて発狂



==

俳優別出演映画一覧

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line