永遠。 村山由佳


内山理名・堤真一主演の映画『卒業』のサイドストーリーとしてつくられた。


作者村山は何度も映画「卒業(内山主演)」を観て、

ストーリーを創作したようだ。

堤真一の実の娘が内山理名なのだが、堤真一はそのことを知らない。

父・堤真一の周辺に住んだ内山理名は観察して、接近する。

堤真一のいる短期大学に入学して、講義を聞いて、

二人でデートしたりする。

しかし娘だとは言わないで、卒業してゆく。

なぜ娘と教えないのか?

映画ではその理由がわからない。

それで 村山由佳の本で知りたいと思ったが、
結局そこは映画と同じで曖昧だった。

娘と言いたいが、口に出して言えない内山理名。

どうしても言えなかったそうだ。


でもヒントとして

大事なことを伝えるときは、よく考えて慎重に。

言葉にしたとたんに終わっちゃうことがある。


作者村山が 映画にないことで創作したことは、
母は私生児で、2年前に死んでいた。
芸者の置き屋の家系で、堤真一の母が結婚に猛反対。

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line