ドッペルゲンガー~役所広司、自分の分身が登場する男の顛末

.

ドッペルゲンガー(2003)C


★数行で映画紹介しなければ

ドッペルゲンガーとは自分の分身が現われる現象。

自分の分身が登場する男の顛末。

★ショウトしょうとSHORT

普通に楽しめそうな前半から一転して後半はありえないストーリーです。

★同じような作品 連想した映画

「ジキルとハイド」


完全あらすじ


========

★基本情報

監督 黒沢清

脚本
黒沢清
古澤健

出演者
役所広司
永作博美
ユースケ・サンタマリア

上映時間 107分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line