花嫁の父~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

愛娘エリザベス・テイラーが新婚旅行へと旅立ってしまった。

全身の力が抜けてしまった花嫁の父スペンサー・トレイシー。

娘が突然結婚を口にしてからの怒涛の数ヵ月間をふりかえる。

家族構成は息子2人と娘1人と妻。

娘エリザベス・テイラー20歳が結婚すると言い出した。

相手は26歳のビジネスマン。

「私の時代は終わった。もう娘を独占できない。

今後は愛のおこぼれを投げ与えてもらう身だ」と独り言を言う。

父スペンサー・トレイシーは相手がどんな男かわからない、そのことが不安で眠れない。

相手の男の身体検査をはじめて、相手の両親と対面して親しくなる。

式は簡素すると言ったのに、自宅でなく教会挙式になり、豪華になって行く。

出費するのは花嫁側で、「皇帝並みの結婚で、我が家は破産だ」と愚痴を言う。

参加が300名になりそうで、自宅の披露宴は250名までと決める。

結婚の贈り物が式の前に届き、家の中は贈り物で一杯になる。

突然結婚しないと言い出すエリザベス・テイラー。

原因は新婚旅行が釣り小屋だというのが気に入らないのだ。

結婚は全部花嫁の意見に従うのが花婿のつとめですよね。

花婿が謝り、すぐ仲直り。

明日は結婚式だという前夜に父の悪夢シーン。

式場にたどりつけずに、礼服はボロボロ。

結婚式は無事に終わり、両親に言葉もなく新婚旅行へ。

気になる父に、駅からお礼の電話をするエリザベス・テイラー。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line