スペンサー・トレイシー


映画少年の頃、印象ある俳優の一人です。

アカデミー男優賞2度受賞を含めてノミネート回数は9回という2番目の記録。

2010年現在ジャック・ニコルソンの主演・助演含めて12回が最高記録。


妻がいたが、キャサリン・ヘプバーンと不倫の仲になる。

9作品に共演した二人。

初めて撮影所で顔を合わせた際、キャサリンが「私より背が低いみたいね。」と漏らすと、

スペンサーが「心配ない。僕の身長に合わせて君を切ってしまうから」と答えたそうだ。

(スペンサーは165センチ程度)。

ハリウッドの男優が「ハンサムだが女性的すぎる」と物足りなさを感じていたキャサリンは、この荒々しい返答に逆に惹かれたと自伝に書かれている。

宗教上妻とは離婚が出来なかったために、二人は結婚をせず、20年以上を共に過ごす。

晩年は心臓を悪くし、妻ルイーズとキャサリンで交代に看病していたが、

「招かれざる客」の撮影が終了した17日後に心臓発作で死去。

スペンサーの死を看取ったのは晩年をパートナーとして過ごしたキャサリンで、

「ルイーズに申し訳ない」との理由からキャサリンは葬儀へは出席しなかった。


★見た記憶のある作品

ジキル博士とハイド氏 (D) イングリッド・バーグマンとの共演


女性NO.1(1942)C~キャサリン・ヘプバーン、男女逆転のラブコメ


花嫁の父(1950)B~エリザベス・テイラー、娘の結婚、父のドタバタ喜劇

1955 日本人の勲章(C)

1956 山(C)

1958 老人と海(C)

1961 ニュールンベルグ裁判(B)

1963 おかしなおかしなおかしな世界(C)

1967 招かれざる客(C)


スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line