アカルイミライ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

オダギリジョーは東京のおしぼり工場で働いている。

心を許せるのは、同僚の浅野忠信。

ある日、社長の笹野高史が浅野忠信のアパートを訪ねてくる。

そこにはオダギリジョーも遊びにきていた。

浅野忠信が飼育している猛毒アカクラゲの水槽に笹野高史が手を入れようとする。

オダギリジョーは笹野高史を制止しようとするが、

浅野忠信は制止を止める。

笹野高史は、後日猛毒クラゲと知り、自分を殺そうとしたとして、浅野忠信を解雇する。

怒りに駆られたオダギリジョーが鉄パイプを持って笹野高史の自宅へ向かうと、

笹野高史夫妻はすでに殺されていた。

しばらく姿を消していた浅野忠信が殺人容疑で逮捕され、刑務所に収監される。

オダギリジョーが面会に行くと、浅野忠信は「激情を抑えられなかった」と言う。

浅野忠信は刑務所内で自殺する。 

刑が無期か死刑しかなかったからだ。

浅野忠信の葬式でオダギリジョーと、浅野忠信と疎遠だった父・藤竜也が会い、語り合う。

オダギリジョーは、家電リサイクル業を営む藤竜也と共同生活を始める。

浅野忠信の飼育していたクラゲを捨てるが、下水で生きていて、オダギリジョーは餌を与える。

クラゲの飼育に夢中になったオダギリジョーは藤竜也と口論になり、藤竜也の元を離れる。

やがてクラゲは河川にたどり着き増殖を続けていて、集団で泳ぐクラゲを見て興奮する藤竜也。

オダギリジョーは妹の紹介で清掃員の仕事をするが、不良学生とビル荒らしをして逃走。

なぜか藤竜也の元に舞い戻るオダギリジョー。

テレビでは、川にいるアカクラゲに刺される被害が相次いでいることが伝えられる。

川を泳ぐ集団クラゲを見て、藤竜也は、オダギリジョーの制止も聞かず、水中のクラゲに触れて昏倒する。

藤竜也を岸辺に引き上げたオダギリジョーは、彼を胸に抱いた姿勢のまま、

その場に座り込み、海を目指して泳ぐクラゲの大群を無言で見守る。

しばらくして藤竜也は元気に仕事をしているが、オダギリジョーはいない。

不良学生たちが、オダギリジョーのことを思い出しながら、大通りを歩いてゆく。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line