ぼくんち~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

一太と二太の幼い兄弟は、水平島に住んでいる。

父親がいない上、母・鳳蘭は半年も家を空けていたが、

離れて暮らしていた娘の観月ありさを連れて帰ってきた。

鳳蘭はまたすぐ出ていってしまったが、姉の観月ありさが母代わりとなる。

観月ありさはしばらく関西のピンサロで働いていた。

水平島では、仕事もなくて、貧乏な暮らしはアフリカの原住民なみの世帯もある。

付近にいるドジョウなどを食べる。

島には小学校や中学校などの学校もない。

学校を知らない子供たち。

銭湯も食堂も、「わたし!貧乏なんです!」と言うと、無料でOK。

そんな束の間、鳳蘭が新しい男に貢ぐため家の権利書を売却してしまい、

3人は家を追われる羽目になってしまう。

観月ありさは風俗嬢になり、部屋を借りて、3人で暮らす。

一太とニ太は少しでも自分で金を稼ごうと、町の雑用をこなし小銭を稼ぐ。 

特に一太は島の不良・真木蔵人の助手となって、

「姉ちゃんの世話になりとうない。一人でやっていきたい」と、一太は独立して去っていく。

島の老婆が死ぬ、「猫婆」と呼べれていた。

野良猫のように子供を産んだからだ。

多数の腹違いの子供がいて、お墓での葬式に100名以上集まる。

観月ありさは、二太を祖父の元に里子に出す。

THE END

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line