首領への道~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

大阪・十三。

カタギの清水健太郎はヤクザとの喧嘩となり、

島田組の中野英雄とタイマンを張ることになる。

勝負は互角で中野英雄はカタギでもヤクザに向かってくる清水健太郎の度量にも惚れ、

その場で兄弟の杯を清水健太郎に交わさせる。

それから10年が経ち、清水健太郎と中野英雄の兄弟は島田組の幹部になっていた。

二人は自分の組の賭場を警察に密告した敵対組織・白虎会の幹事長・大津を殺害。

中野英雄はひとり、罪を被って12年の刑に服すが、その後両組の戦争が勃発。

島田組の若頭は殺されて、清水健太郎が若頭補佐に出世する。

これ以上の抗争を避けるために、清水健太郎は1人、白虎会の組長宅に爆弾抱えて乗り込む。

「この戦争のかたをつけにきました」

その気迫に打たれた白虎会の会長・城崎は引退して、

手打ちの条件として城崎の跡目・白竜を清水健太郎の舎弟にすることになった。

清水健太郎は抗争を抑え白虎会を傘下に収めた手柄により、遂に若頭(組のナンバー2)へと上り詰めた。

白竜は清水健太郎の命を狙う者たちへ徹底的に死の制裁を加えた。

非情とも言えるその行動は、しかし清水健太郎を首領に押し上げる為には、

邪魔だてする者は全て排除すると言う白竜の決意を極道社会に知らしめた。

だが、それを面白く思わない同じ組内の梶原は、二代目組長・佐久間の病死を機にクーデターを画策。

松岡連合と秘かに通じるが、全てを白竜に察知され、破門か盃を改め清水健太郎の配下に入るか選択を迫られた末、配下に入ることを決める。

こうして、島田組三代目に選ばれた清水健太郎は盛大な襲名披露式を行う。

やがて12年の満期を終えて中野英雄が出所するのだが、白竜は清水健太郎に出迎えに行ってはならぬと釘をさす。

「兄貴、北海道まで行って、何と呼びまんのや。兄弟とでも言おうものなら、その時からワシら舎弟一同、中野英雄の扱いに困りますで。

一家にドンは2人いらん。中野英雄には親分と会う前に杯を改めさせてもらいます」というのだった。

関西の名だたるヤクザが揃う中で出所祝いと清水健太郎の舎弟になる儀式の場へ連れてこられる中野英雄だが、

「おう!清水健太郎!ワレ15年の間になんぼえろうなったか知らんがのう。

ワシは昔兄弟分やった男にべんちゃら使って生き延びるほど、もうろくしとらんで。

五分で付き合うのが貫録不足と言うのなら、その兄弟杯、こちから叩きわったるわい!」

そうタンカを切って組を飛び出し、刑務所で舎弟にした南原、倉永、若林の3人と島田組と同じ町に「中野英雄組」を立ち上げる。

この抗争に付け込んで関西進出を図ろうと関東の横浜大徳組が中野英雄を舎弟にした上で関西に乗り込んでくるのだが、

大徳組の組長は白竜とその舎弟の藤森に命を取られかかって全面撤退を余儀なくされ、

中野英雄も腹心の若林を殺され、元舎弟にも命を狙われ、ヤクザから足を洗うことを決める。

しかしどうしても清水健太郎にわだかまりがあった中野英雄はある日、

島田組の賭場に現れ、清水健太郎と「オイチョカブ」 で勝負したいと暴れる。

大徳組、三田村組も見守る中、勝負は中野英雄が勝つ。

しかし「ワシの負けや」と中野英雄。

直後に「情け無用じゃ清水健太郎!」と銃を向けると、白竜が用意していた白虎会のヒットマンに中野英雄はハチの巣にされるのだった。

しかし白竜が中野英雄の銃を調べると弾奏はカラ。

さらに中野英雄が投げた札は中野英雄の勝利を意味する札だった。

中野英雄は初めから勝負ではなく、死ににこの賭場に現れたのだった。

「スマン、中野英雄」冷酷の極みの白竜も、この時ばかりは男の気持ちを理解した。

清水健太郎は死に際の中野英雄に「何でや!なんでワシの勝ち言うたんや」と尋ねる。

すると中野英雄は古い杯を取り出し「割れなんだ、割れなんだや」とつぶやく。

清水健太郎は中野英雄が元の兄弟としての時間にこだわっていたことを改めて理解し、「兄弟!」と泣きながら叫ぶのだった。

「おおきに!」中野英雄は叫び、杯を拳で打ち割って果てるのだった。

その後は三田村組、中津川一家さえも傘下に収めながら、大阪、名古屋、九州と島田組の傘下へ治めていく。

途中、中野英雄の双子の兄弟でエリート銀行マンだった井波慎二を島田組に迎え、

武闘派の白竜、経済派の井波の二枚看板で 島田組は全国一の組織へと成長していくのだが、

やがて井波は白竜のヤクザとしての非常で仁義無用の振る舞いについていけなくなり、

また井波率いる中野英雄組の急激な成長に危うさを感じる古参の島田組幹部の間でもいさかいが起きるなど、

島田組は井波を地震原として内部抗争が度々起きかかる。

しかしいずれも白竜の裁量で大事には至らず、逆に井波は極道四年目にして頭補佐に昇格、清水健太郎の家を譲られるまでになる。

しかし清水健太郎は関東の罠によって12年の懲役を求刑される刑事事件に巻き込まれる。

その証拠を消すために中野英雄組は暗躍、仕上げはカタギとなった井波がつける手はずだったが、最後の標的が女だったため井波は命を取れない。

そこに白竜が放ったヒットマンが井波もろとも女を殺す。

白竜も中野英雄組の若頭・南原から背中を刺されてしまう。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line