花~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

大沢たかおは倒れてしまう。

医師が頭の中に動脈瘤があり、手術をすると記憶を失う可能性があると言う。

大沢たかおは仕事をやめてしまう。

ある日知人から一週間のバイトをしないかと言われる。

バイトは弁護士・柄本明を一週間かけて東京から鹿児島県指宿市まで車で、

それも高速道路を使わずに送るという運転手の仕事だった。

バイトを受ける大沢たかお。

柄本明は指宿のホスピスから元妻の訃報が届き、そこまで元妻の遺品を取りに行こうというのだが、

元妻のことを顔すら思い出せずにおり、新婚旅行に行った場所をたどり記憶を取り戻そうとしていることを話す。

30年も近く前に別れていて、元妻の写真は全部捨てていた。

「たどっていて、思い出しました?」

「いや!妻の顔だけは真っ白だが、楽しい新婚旅行だったことは思い出す。

おそらく人生の花だった時期なのかもしれない」

大学時代に元妻と出会った頃を回想する。

結婚は親に朝鮮人?だと反対されて、かけおち的結婚だった。

子供ができたが突然死した、その影響か、離婚の申し出があり、サインした柄本明。

ホスピスに到着して元妻の遺品をうけとる。

それは、すみれの花が入ったガラス玉と柄本明が弁護士として戦った新聞記事のスクラップ。

柄本明はえん罪事件に取り組み25年かけて無罪に。

そして新婚旅行当時の写真が一枚。

涙する柄本明。

ホスピスの裏庭には元妻が植えた忘れな草の花が一面に広がっていた。

元妻はずっと柄本明のことを愛していたし、彼もそうだった。

花を見て「私だってそうだった」と言って泣き崩れる柄本明。

柄本明も余命宣告されたガンだった、このホスピスに入り、花壇の手入れをする決意をする。

手術を受ける決心をする大沢たかお。

大沢には恋人がいたのだ。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line