色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年~簡単なあらすじ

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年~簡単なあらすじ

村上春樹作

簡単なあらすじ


名古屋で高校の時に仲良し5人組に多崎つくるやユズがいた。

数年したある日、つくるは4人から絶好と言われた。

絶好理由がわからないつくるだが、理由を聞かないで、30歳になった。

つくるは沙羅という女性と肉体関係に。

そして沙羅に絶好の件を話すと、理由を知るべきと諭される。

つくるは理由を聞くと、ユズがつくるにレイプされたからだった。

つくるに身に覚えはない。 残念なことにユズは死んでいた。

沙羅に報告して、沙羅に正式な交際を申し込む。

しかしある日沙羅が他の男とのデートを目撃。

沙羅は三日待ってというので、待つつくる。

それで小説は終わる

==

表現記述はさすがです。 マネができないです。

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line