イヴ・サンローラン~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

1953年、パリ。

クリスチャン・ディオールが死に、後継者として指名されたのが助手をしていたイヴ・サンローラン。

21歳という若さで抜擢された。 

彼は、そしてゲイだった。ゲイゆえに少年時代は、いじめにあう。

デビューを兼ねた初コレクションを成功させる。

ディナーで出会った男性ピエール・ベルジェは、彼の才能に感動して恋をする。

ベルジュは仕事でもプライベートでもパートナーとしてイヴを支える。

兵役召集されて軍隊内のいじめの影響で躁鬱病にかかり、軍の精神病院に。

ディオール社から解雇される。

完治して再起をはかるが、精神病患者なので 誰も投資しない。

1962年
恋人のピエール・ベルジェの出資により自身のレーベル「イヴ・サンローラン(YSL)」を設立、活動を開始する。

初コレクションは拍手喝采で大成功。

しかし新聞では「新しいものは何もない」と酷評される。

ピエールは両刀で、女性の愛人(第一モデル)がいた。

しばらく低調な時代が続くが「モンドリアン」で大成功。

イブに男の愛人ができて溺れてしまう。

ピエールは冷静に愛人の清算を行う。

以下のコメントで映画は終わる。

2008年にこの世を去った。

50年に及ぶキャリアで、女性の服装に革命を起こした。

現在 彼の作品は世界中の主な美術館で展示の対象になっている。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line