黒執事~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

近未来、世界は西側と東側に別れていた。

セリフはすべて日本語で展開。

主人公の黒執事・水嶋ヒロは悪魔で不死身。

水嶋ヒロのご主人様は東側の幻蜂伯爵家の若き当主・剛力彩芽こと男装した少女の剛力彩芽。

==

大使館員が次々にミイラ化した遺体で発見されるという怪事件が起こり、

なぜか西側の女王がその解決を剛力彩芽に依頼してきた。

被害者が死の前に製薬会社社長のドラッグパーティーに出席していた事実をつかむ。

剛力彩芽の叔母(優香)の手配でパーティーに潜入して、ミイラ化して死に至る毒物「ネクローシス」の存在を知る。

黒幕はパーティーに参加していた武器商人・篠崎洋造だと目星をつける。

しかし黒幕は優香だった。

優香は剛力彩芽の父の前妻だったが、流産し不妊となった。

後継ぎを求める父が優香の姉(剛力彩芽の母)と結婚してしまう。

それを恨んで反西側の犯罪組織による剛力彩芽の両親殺害を手引きし、

不老不死の薬で不死の肉体を得て生き続けることで剛力彩芽から幻蜂家を奪おうとしていたことを暴露する。

開発させた不老不死の薬の生産過程で副産物としてネクローシスができてしまった。

剛力彩芽のメイドは凄腕銃撃手で、剛力彩芽にふりかかる難を防ぐ。

==

剛力彩芽は目の前で両親を殺されて、悪魔に魂を売ったのだった。

それで悪魔水嶋ヒロが執事になった。

==

優香の執事・明石と対決する水嶋ヒロ。

剛力彩芽は優香と対決していて、カプセルが割れて、ネクローシスを吸引してしまう。

明石を殺し、彼から解毒剤を奪う水嶋ヒロ。

水嶋ヒロは剛力彩芽の指示で、解毒剤を優香に渡す。

しかし、それはネクローシスで、優香は死ぬ。

剛力彩芽はネクローシスで瀕死の状態になりながらも、

大量のネクローシスと爆弾が入った鞄を自力でビルの屋上に運び、

ネクローシスによるテロ計画を防ぐ剛力彩芽。

その様子を見ていた水嶋ヒロは、

剛力彩芽が死ねば魂を奪えるが、映画だから解毒剤を飲ませて助ける。

水嶋ヒロは事件が終わり、通常の眠りについた剛力彩芽を見て、

命が尽きるまで側にいることを誓い、映画は終わる。

THE END

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line