陽のあたる場所~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

モンゴメリー・クリフトは母子2人きりの貧しい家に育ち、ホテルでボーイをしていたが、

伯父に会い、伯父の工場に職を得る。

伯父の家で社交界の花エリザベス・テイラーに会い、心を惹かれるが、身分違いの遠い存在に思う。

同じ職場にいたアリス・トリップは身よりのない娘で、映画館でふと隣合わせになり、2人の仲は急に深まる。

伯父から昇進の話を聞くモンゴメリー・クリフト。

伯父の家のパーティに招かれて、エリザベス・テイラーと再会。

エリザベス・テイラーはイケメンのモンゴメリー・クリフトに話しかけてきて、意気投合してしまう。

その日はモンゴメリー・クリフトの誕生日で、

アリスは祝宴の準備をして待っていたが、深夜に戻って来てしまう。

モンゴメリー・クリフトは妊娠した彼女に堕胎をすすめるが、医者は引き受けてくれなかった。

富豪社会のパーティーにモンゴメリー・クリフトを誘うエリザベス・テイラー。

「会った時から好きだった、もしかしたら会う前から好きだった」と告白するモンゴメリー・クリフト。

エリザベス・テイラーも愛していると返事する。

エリザベス・テイラーとモンゴメリー・クリフトは夏を別荘に過ごす仲になっていき、

エリザベス・テイラーの両親も2人の仲を許していた。

アリスからの電話があり、モンゴメリー・クリフトは母の急病と偽って別荘を出る。

アリスは結婚を迫り、承諾しなければ自分との間を公にすると脅した。

(黙って消える女性の方が多いですが、愚かなカンの鈍い女性ですね。絶対に復縁しても幸福はないのに)

翌日、出世の妨げになるアリスを溺死させようと、彼女を湖に誘う。

ところが、アリスのひたむきな愛情を知り、彼女を溺死させる気持ちを失う。

アリスは逆に恐怖にかられ、ボートの上に立ち上がったため、ボートが転覆、泳げないアリスは溺死する。

岸に泳ぎ着いたモンゴメリー・クリフトは現場から逃げてしまう。

借りたボートも借主にそのままなのだ。

モンゴメリー・クリフトはエリザベス・テイラーの元に戻る。

エリザベス・テイラーの父親に「結婚するのか?」と聞かれて、

モンゴメリー・クリフトは「結婚させてください」と答える。

警察に逮捕されたモンゴメリー・クリフト。

エリザベス・テイラーはショックのあまりに倒れてしまう。

裁判にかけられ、殺意のあったことを認めたが、犯行は否定する。

陪審員は「有罪」を判決する。

エリザベス・テイラーは刑務所のモンゴメリー・クリフトに会いに行き、

「忘れない。さよなら」と言う。

モンゴメリー・クリフトは死刑となる。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line