ブリティッシュ・ギャングスター~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

実話自伝

伝説のギャング、チャリー・リチャードソンの生涯。

1960年代のロンドン。

ギャングリーダーとして禁固25年の実刑判決を受ける。

チャーリーは13歳の頃に車泥棒で少年院。

15歳、鉄くず売りの商売を始める。元手はニセ小切手で。

2年の兵役を拒否して軍刑務所へ。

刑務所で仲間ができる。

出所後、販売会社を作って、
半年は真面目に取引するが、その後に大口取引で詐欺を行う。

英国中に駐車場チェーンを展開、他にも手広くビジネスを展開

南アフリカに行って、ダイヤビジネスをはじめる。

まだ無法の南アフリカで鉱山を開拓してゆく。

鉱山掘削資材はイギリスで盗んできた。

突然逮捕されて裁判にかけられるが、「はめられた」とチャーリーは言う。

証言だけの裁判で、証拠なし。

その証言も詐欺師犯罪者の証言ばかり。

(なぜ?はめられたかよくわかりません。ダイヤ鉱山がらみかも?)

25年の実刑を受けて刑務所に入るが、すぐ脱獄してスペインへ。

しかし逃亡に疲れて英国へ戻り、警察に出頭。

エンドクレジット
 「チャーリーは18年で刑期を終えて、鉱山オーナーに。
 現在ならばこのような茶番の裁判は起こらないだろう」

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line