FC2ブログ

愛する人~死んでも、どこかでつながっている



愛する人(2009)
=============== 

★ソース 

ロドリゴ・ガルシア監督・脚本によるドラマ

36年間、互いを知らずに生きてきた母娘が、
ある出来事をきっかけに巡り会いたいと思うようになった
ヒューマンドラマ

=============== 

★ショウトしょうとSHORT

他の方の評価を観ると、評価は低いので

変人ぼくの偏狂かもしれません。

最後は涙がでてくるほど、劇的でした。

死んでも、どこかでつながっているんですね。

二時間もので、一時間すぎてから面白くなった。

退屈な一時間は
好みの女優二人(ナオミ・ワッツ, アネット・ベニング)
で時間つぶす。

★概要

カレンは14歳のときに恋人の子供を身ごもって産むが、
母の反対もあって養子に出してしまう。
それから37年後、成長した娘エリザベスは弁護士になっていた。
エリザベスは妊娠し、キャリアを捨てて母親となることを決意する。


★ひと言

エリザベス(ナオミ・ワッツ)が妊娠するが
相手が複数で、生まれてみないとわからないので、
求婚を辞退するんですね。

エリザベスは子が欲しくない、同じ養子悲劇を繰り返したくない。

不妊手術をしているんですが、

奇跡の確率で妊娠してしまう。

彼女はなぜか産もうとするんですね。


★気にいったセリフ

「大切なのは“血”ではなく、

ともに過ごす時間。“時”は貴重なものよ。

手おくれになると後悔だけが残る。

後悔は心を蝕むわ」


========

★基本情報

原題 Mother and Child

監督 ロドリゴ・ガルシア  「美しい人」良かったです。
脚本 ロドリゴ・ガルシア
出演
ナオミ・ワッツ
アネット・ベニング
ケリー・ワシントン

製作国 アメリカ合衆国 スペイン
言語 英語


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line