想いのこし~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

主人公の岡田将生は車に引かれそうになるが、

車は岡田将生を回避して反対車線に、そして他の車に衝突。

衝突車に乗っていた以下の4名は交通事故死する。

なぜか岡田だけ交通事故に関わったので、死んだ4人の霊が見えて、

岡田は報酬をもらって4人の願いごとをかなえる。

1.木南晴夏

ポールダンスの踊り子で、結婚式間近だった。

霊になり、自分の金庫にある700万を教えて、岡田が女装による代理花嫁を依頼。

結婚式で新郎新婦がキスすると、なぜか岡田に木南晴夏が乗り移り、

新郎も木南晴夏と認識できた。

しかしその直後に木南晴夏は消えた。成仏したのだろう。

2.松井愛莉

高校に通って野球部のマネージャーもしつつ、夜はポールダンスを踊っていた。

松井愛莉は野球部キャプテン・藤原亮に思いを寄せていた。

「手紙を書くからキャプテンに渡して欲しい」というのが松井愛莉の望みで、岡田に200万渡す。

岡田は松井愛莉や残った霊や幸太郎と共に高校野球の観戦に行き。

そこでキャプテン・藤原に手紙を渡し「愛莉がここにいるから」と言う。

藤原の打席で岡田は思わず「愛莉が見ている、彼女のために打ってやれ」と叫びます。

藤原は「分かってるから黙って見てろ!」と言い、ホームランを打つ。

チーム全員が揃って

「3年間一緒に野球ができてよかった。3年間支えてくれて、本当にありがとう」と、

見えないはずの松井愛莉に礼をする。

岡田は松井愛莉に藤原への告白を促すが、松井愛莉は告白しないで成仏した。


3.鹿賀丈史

ポールダンス踊り子のマナージャー

鹿賀丈史の前職は消防士で、退職後も鹿賀丈史は毎日担当区域をめぐり、

消火栓や河川の状況や道路交通状況を、

川崎市消防局にいる後輩・神田に報告していた。

鹿賀丈史は岡田がその報告を3ヵ月続ける条件に、2千万渡す。

ある日、その報告が役立つことが起こる。

交通渋滞を鹿賀丈史のおかげで回避して火事現場に着くと、

神田の目に一瞬だけ鹿賀丈史の姿が見えた。

無事に消火活動が終わると鹿賀丈史は消えていく。


4.広末涼子

ポールダンスの踊り子で、シングルマザーで小学生の息子・幸太郎がいる。

マネージャー鹿賀から500万で、岡田は幸太郎を見守る。

施設に入れられそうになって、岡田が後見人だと言って施設行きを回避。

幸太郎はクラスメートから母はストリッパーだと、いじめにあう。

広末涼子と幸太郎のことを考え抜いた岡田は、

それまでに得た金を使ってポールダンスのレッスンを受ける。

さらにダンス場を貸し切り、幸太郎をダンス場に招待。

女装した岡田はポールダンスを踊り始める。

まだ踊りは不十分でギコチない。

すると幸太郎に、踊る広末涼子が見え始める。

広末涼子だけでなく、木南晴夏も、松井愛莉も。

ポールダンスは、岡田も入れて4人の踊りになっていた。

ダンスが終わった後、

「母ちゃんのダンス、カッコよかったよ。ダンスを誤解していた!

母ちゃんの分も頑張って生きるから、これからも見てて」と幸太郎は言い、

広末涼子は幸太郎を抱きしめる。

消えそうになる広末涼子を岡田も抱きしめ「消えんな!」と絶叫する中、成仏。

幸太郎は岡田に送られ、施設に行くことに。

施設にいたかわいらしい少女にひとめぼれした幸太郎に「仲良くなる方法を教える」と耳打ちした岡田に、

鳥がフンをして去った。

形を変えて、広末涼子は見つめ続けているのかもしれない。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line