ガントレット~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

裁判で検察側の証人マリーがラスベガスで拘留されていた。

市の警察官・クリント・イーストウッドは署長から証人マリーの護送を命じられる。

ラスベガスからフェニックス(アリゾナ州)まで。

移動を嫌がるマリーを無理矢理車に押し込んで裁判所へ向かう。

その道中、何者かの襲撃を受け、クリントとマリーは命辛々逃げ延び、一旦、マリーの家に隠れる。

そこで、その家からクリントは署長に応援を要請するが、なぜか地元警察に包囲されて、銃撃を受ける。

何とか、その場を脱出した二人は再び裁判所へ向かう。

クリントはマリーを問いただすと、彼女の仕事は娼婦で、署長のスキャンダルを握っていることを知り、

そのせいで狙われていることにクリントは気づく。

クリントは暴走族からバイクを盗み裁判所へ向かう。

途中ヘリからの銃撃を受けるがアクション映画だから死なない。

(ありえないですね)

マリーとクリントは愛し合うようになる。

クリントは署長にルートを教えて正々堂々と裁判所へ向かうことを決める。

バスジャックをするクリント。

乗客は全員下す。

バスの運転席に鉄板溶接して、クリントが運転する。

マリーは覚悟を決めて乗り込む。

署長は警察全員に、バスを銃撃する命令を下す。

バスはハチの巣にされるが、裁判所の広場に乗り上げる。

(バズーカも使わない、これだけ銃弾を浴びせれば死ぬだろう)

クリントとマリーは無事でバスから下車する。

警官が取り囲むが、発砲はしない。

(ここも僕的にはありえないあらすじ)

「証人マリーを護送しました」と言うクリントに、署長がクリントに発砲する。

マリーは署長に発砲。

署長の罪が暴露される。

クリントは、かすり傷で、マリーとハッピーエンド。

THE END
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line